October 25, 2016

『教団X』  -人間の闇をあますところなく描く小説-

教団X
 あるリケジョ大学生から、中村文則の『教団X』を薦められました。人間のこころの闇を余すところなく描いて秀逸でした。567ページもある長編ですが、一気に読ませる力がありました。

 読了後、「主な参考文献」というリストがついていることに気が付きました。加えて「あとがき」もありました。普通、小説には「参考文献」も「あとがき」も、余計なものは何もありません。作品のみで勝負という訳ですけどね。(笑)

 でも作者がこのような「参考文献リスト」をつけ、「あとがき」もつけた意味が、翔年は少し分かるような気持になりました。

 広くて深い知的レベルの読者が、この小説をシッカリ読んで、読後感を作者に送ったら喜ばれるのではないでしょうか???
  
 
 内容が深くて深刻なのでストーリーはバラさない方がいい、へたな読後感も書かない方がいいと思いました。
 ならば読者にこの小説をどう伝えたらいいかと考えたとき、作者の「あとがき」と「主な参考文献」をつけておくのがベターだろうと思いつきました。

 作者の次作を期待して待ちたいと思います。

 この小説を薦めてくれたRさん、ありがとう!



あとがき
 
 この小説は、僕の15冊目の本になる。

 文芸誌「すばる」で約二年半にわたり連載していた。単行本化にあたり加筆し、完成したものになる。

 世界とにんげんを全体からとらえようとしながら、個々の人間の心理の奥の奥まで書こうとする小説。

 こういう小説を書くことが、ずっと目標の一つだった。これは現時点での、僕の全てです。

 作家になって12年が過ぎた。みなさんにもそれぞれの12年がある。これからも読者とともに、歳を重ねていけたらと思う。 

 共に生きましょう。

               2014年10月20日 中村文則



主な参考文献(※非常に多いので、小説の内容が理解しやすいと思われるものを適当にピックアップしました)
「ヴェーダの思想」 中村元、春秋社、1989年
「ブッダのことば --- スッタニパータ」 中村元訳、岩波書店、1984年
「禅マインド ビギナーズ・マインド」 鈴木俊隆、サンガ、2012年

「脳はなぜ『こころ』を作ったのか」 前野隆司、筑摩書房、2010年
「<意識>とは何だろうか」 下條信輔、講談社、1999年
「生物と無生物のあいだ」福岡伸一、講談社、2007年

「宇宙が始まる前には何があったのか?」 ローレンス・クラウス、青木薫訳、文芸春秋、2013年
「新装版 不確定性原理 都築卓司、講談社、2002年
「量子力学の哲学」 森田邦久、講談社、2011年

「戦争をしらない人のための靖国問題」 上坂冬子、文芸春秋、2006年
「東京裁判」 日暮吉延、岩波書店、2008年
「従軍慰安婦」 吉見義明、岩波書店、1995年
「俘虜記」 大岡昇平、新潮社、1967年

「戦争請負会社」P・W・シンガー、山崎淳訳、日本放送出版協会、2004年
「援助じゃアフリカは発展しない」 ダンビサ・モヨ 小浜祐久監訳、東洋経済新報社、2010年
「世界の半分が飢えるのはなぜ?」 ジャン・ジグレール、たかおまゆみ訳、合同出版、2003年 
「ルポ資源大陸アフリカ」 白戸圭一、朝日新聞出版、2012年

Webサイト
VICE Japan:  




いつも『もの言う翔年』を読んでくださりありがとうございます。
お陰さまで「囲碁」も「政治評論」のジャンルもランキング上位に入っております。
コメントをいただいたり、ランキングがそこそこにとどまっているのを励みにBlogを書いております。
お暇なときに見てくだされば嬉しいです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ
にほんブログ村


にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

にほんブログ村




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mtmt0414/52475598