October 01, 2015

畏友、藤田君に書を書いてもらう -48字歌、人生訓など- 

 同期入社の畏友、藤田功君が奥様と芦屋の気楽苑で「二人展」を開催した。彼は書と山の写真、奥様は海外にも取材された水彩画(主にガッシュ画)だったが、両方とも素晴らしいできばえに何時ものことではありますが、またまた感嘆致しました。

神戸新聞の記事(9/27)、画像クリックで、拡大してお読み下さい。
二人展神戸新聞




 彼はまた翔年のために掛け軸を特別に4っつも作ってくれた。17日(土)のいきいき塾例会には早速、対局室と座敷の床にに麗々しく掲げて、碁友たちを羨ませがらせて喜ぶこにしよう。(笑) 
今から楽しみ。



 その前にちょっと小さい写真ですが、読者に先にお見せします。

 画像クリックで拡大します
藤田君の書001
右は、なんかの時に翔年がこんな事を言ったらしいです。本人はまったく記憶がありません。


左はそれを藤田君が格好よく改変したらしい。なんぼ厚かましくても、閻魔さんに7番勝負を挑む元気はありません。(笑)




下の二つは、四十八字歌家元を称された、故日本棋院六段中山典之先生の素晴らしいいろは歌です。
めゐふのいこは おもしろや
へたさみゆれと すてきなむ
ちゑねるえんま わらひけり
よにうそをつく あほぬかせ

しけゐのなかに いこありて
ふるきもろひと ゆめをえぬ
おくやまうみへ ちゑねらむ
すわれよほさつ はたせそん






これは藤田君の人生訓でしょうか? お人柄がでていますね。(クリックして拡大)
藤田君の書003藤田君の書002











この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
突然のメールで失礼します。
衛藤健治と 申します。
Twitterの村瀬有からフォローされている事もあり、そちらさんを知りました。
当方、囲碁が好きなretire組、62才です。
今、volunteerで囲碁を教えています。
昨年は、年も考えずに練習もしなく、弟と
テニスの試合に出て、試合中に肉離れ棄権と
ミットもない醜態をさらす。
今は、子供達に 英語で囲碁を教えられないかと、40年前に触れた英会話の特訓中。
Posted by 衛藤健治 at October 23, 2015 07:14