November 22, 2013

平原誠之のピアノコンサートを堪能

平原誠之2013001 やや遅めの午後7時から平原誠之のピアノコンサートが江戸堀(大阪市)のイシハラホールであった。京都在住の碁友Y氏を誘い合わせて出かけました。
 
 プログラム第1部の4はギターの名曲「アルハンブラ宮殿の思い出」の平原バージョン、第二部の1はヴァイオリンの難曲「チゴイネルワイゼン」の平原バージョンを楽しませてもらいました。

 最後の「レ・ミゼラブル」(シェーンベルク作曲)は圧巻でした。プログラムの解説によると、平原は指揮者のスコアとオーケストラのスコアを参考に、原曲を大切にしながら平原独自の作曲法で作り上げたのだそうです。素人の悲しさ、それがどんなに大変なことなのか想像もつきませんが、ピアノ一台で演奏することに挑戦し、成功したという事だと理解しました。

 ピアノを聴いた途端、レ・ミゼラブルのミュージカル曲が蘇えりました。実は翔年は数年前、ニューヨークに行ったとき、ブロードウエイで本場のミュージカルを観ていたのです。レ・ミゼラブルのストーリィは知ってはいましたが、舞台の英語がちんぷんかんぷん、ミュージカルを鑑賞したと言える状態ではありませんでしたが。音楽を聴いて舞台の俳優の動き見て単純に楽しんだだけでした。逆に英語が分らないから音楽がより記憶に残っていたのかも知れません。平原のピアノにミュージカルのシーンを髣髴とさせるようなフレーズが何箇所か確かにあるのが分りました。これは怪我の功名というものでしょう。(笑)



曲の解説付きプログラム(クリックで拡大)

平原誠之2013002平原誠之2013003



 アンコールは「愛の賛歌」でした。
 平原のピアノを十分に堪能できたひと時でした。


 平原誠之のピアノは ここ で試聴できます。関心のある方はどうぞ!






いつも『もの言う翔年』を読んでくださりありがとうございます。
お陰さまで「囲碁」も「政治評論」のジャンルもランキング上位に入っております。
コメントをいただいたり、ランキングがそこそこにとどまっているのを励みにBlogを書いております。
お暇なときに見てくだされば嬉しいです。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ
にほんブログ村


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mtmt0414/52347809