July 08, 2013

大阪碁キャンプ2013に行ってきました -親善対局-

コングレスらしい雰囲気     Photo by iPhone
IMG_0529

 6月30日(日)から始まっている「大阪碁キャンプ2013」はいよいよたけなわ、参加者は7月20日まで、囲碁漬けの生活らしい。
 それで事務局がちょっと息抜きのはからいをしたのか、今日はヨーロッパコングレスやUSコングレスに参加してお世話になっている日本人が「大阪碁キャンプ」の参加者と親善対局するという楽しい一日でした。

 30数名の外国人の中には顔見知りの人もいて和やかムード。翔年はイギリスの若者とアメリカから来た中年の男性と、いずれも2子局の白番でした。
 親善対局とはいえ、真剣に打ちました。が相手は二人とも、手どころの読みがシッカリしているし、形勢判断も的確とあって苦戦。細かい碁形に持ち込んでどこかで抜き去る戦術を取らざるをえなかったのですが、いずれも及ばず、3目負けと6目負けの2連敗でした。

 日本の段に比べてヨーロッパの段は2段ぐらい辛く、最近は米国もヨーロッパと遜色ない強さの尺度になっているので、彼らに勝つのは大変です。今年のUS Go Congressはよほど頑張らないとUS4段の維持が難しいかもしれません。


いつも『もの言う翔年』を読んでくださりありがとうございます。
お陰さまで「政治評論」も「囲碁」のジャンルもランキング上位に入っております。
コメントをいただいたり、ランキングがそこそこにとどまっているのを励みにBlogを書いております。
お暇なときに見てください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ
にほんブログ村


この記事へのトラックバックURL