October 08, 2012

錦織圭 -ジャパンオープン優勝-

 錦織、ジャパンオープン優勝おめでとう!

第8シード、錦織圭  7-6、3-6、6-0 第6シード、ラオニック(Milos Raonic、カナダ)

 今大会の錦織のテニスは今までに見た中で一番酢晴らしいものだった。翔年のみるところ、ハッキリ向上していたのは

1 サーブの改善によって、スピードは180Km/h程度ながら、キープ率が高くなっていた。

2 200Km/h以上のスピードを誇るラオニックやベルディッヒの第一サービスには、すばやい反応によりブロックで耐えられるし、セカンドサーブに対してはリターンエースがとれるようになり、相手を恐れさすに十分なものが備わっていた。これによってサービスブレイクの可能性が飛躍的にたかまっていた。

3 ディフェンス力の向上も目覚しかった。コートカバーリングは広くなっていたし、相手の決め球を切り返すテクニックもあり、しばしば成功させていた。

4 ドロップショットを多用しなくなったのはよいこと。これはダンテコーチになってからのように思う。

5 これまで、身体の故障が多いし、身体のひ弱さがぬぐえなかったが、今回は膝にテーピングはしていたものの、テニスにはほとんど影響していないように見えた。

 これだけ向上した錦織はコートカヴァーリングの広さやとカウンターショットなど、ナダルを髣髴とさせるシーンが見られたのはうれしかった。更に精進を続けて、連日の5セットマッチでも堪えられるくらいの強い身体をつくって欲しい。欲をいえばラケットを放り投げる、叩きつけるなど、まだマナーに欠けるところがある。精神を鍛えることによってこういう悪癖はなくなることを期待したい。
 これで世界ランキングは15位に上がる。ベストテン入りはもう目前の位置にある。




  いつも『もの言う翔年』を読んでくださりありがとうございます。
お陰さまで「政治評論」も「囲碁」もランキング上位に入っております。
コメントをいただいたり、ランキングがそこそこにとどまっているのを励みにBlogを書いております。
お暇なときに見て行ってください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ
にほんブログ村


この記事へのトラックバックURL