August 01, 2012

引き分け狙いのなでしこ -恥ずかしい戦略

なでしこ
 女子サッカー「なでしこ」の佐々木監督は、南アとの試合後の記者会見でこうはっきりと語った。
 「準々決勝の相手はどこでもいい。ただ、1位ならグラスゴーへの移動、2位ならここカーディフに残って試合ができる。コンディションを考え、後半の途中に引き分けを選んだ」と。

 勝たせたいと日本中のファンが思い、その期待に応えて「どうしても勝たねばならない」と監督が思うのは無理もない。だけど、このコメントほどスポーツを愛するファンを恥ずかしく思わせたコメントもない。栄光のなでしこチームとスポーツ精神に泥をぬってしまった。

 理屈は色々言える。選手の疲れを慮っての知将の采配だと言う人もいれば、フェアープレイの精神に反すると憤る人もいると思う。

 翔年は思う。オリンピックの大舞台で金メダルを取りに行こうとするワールドチャンピオン「なでしこ」の監督は何と小賢しいことを考えるリーダーなのであろうかと。
 岩淵に代わって左MFに入った川澄への指示は「ほかの選手はこのままでいい。ただ、カットインからのきみの素晴らしいシュートだけはやめておいてくれ。」川澄は、指示通りタッチライン沿いでボールを受けてはバックパスするだけで何もしなかったように見えた。(そういう試合を世界中のスポーツファンに見せたのです。勝つ意志のないチームでは片八百長と言われても仕方がないですね)

 監督のコメントはそれぞれの国の言葉に訳されて、すぐに世界中に配信される。相手チーム南アの監督は「2連敗のあと、世界チャンピオンに引き分けることができて、私は選手を誇りに思う」とコメントした。このコメントと佐々木監督のコメントを並べて聞いたスポーツファンはどう感じただろうか? 勝つために小賢しい策を弄し、それを世界中に公言する監督とチームを、例え金メダルが取れたとしても「尊敬」することはないのではないか。

 欧米諸国では、現在の日本人が意識する以上に、フェアーな精神を尊ぶ気風があることを指摘しておきたい。(精神風土は軟弱でない) 翔年は日本サーカー協会が佐々木監督に何らかのペナルティを課してもいいとさえ思う。

 スポーツに限らず、勝負事には運不運はつきものだ。不運にしろ、何にしろ、そのようなあらゆるものを受け入れて、最高のプレーを目指そうと監督が檄を飛ばし、それに発奮して選手が監督の要求以上のものを発揮して栄冠を手にするという夢のようなゲームを翔年は期待していた。そのような精神で戦えば、例え期待通りの結果がでなかったとしても、選手は誇りを失うことはないし、ファンはその戦い方を決して忘れはしないだろう。
 残念ながら、この監督のもとでは、そういう感動的なゲームはもう期待できないのかもしれない。

 
(参考)
2011/10/2 「毅然とした態度は素晴らしい  −サッカーの川島永嗣」
これはベルギー国とベルギーの世論が自国のファンの心無い野次を「恥ずべき野次」として、日本国に謝罪したのです。他国ながらあっぱれです。



いつも『もの言う翔年』を読んでくださりありがとうございます。
お陰さまで「政治評論」も「囲碁」もランキング上位に入っております。
コメントをいただいたり、ランキングがそこそこにとどまっているのを励みにBlogを書いております。
お暇なときに見て行ってください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ
にほんブログ村


この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
フッディーン 様

こんばんは!
データを基にいろいろご教示いただき、ありがとうございます。
おっしゃるとおりだと思います。
「守備を固めろ」という戦術の指示はありえても、「シュートを打つな、点を取るな!」という監督指示はどう考えてもいただけません。チームに悪影響をもたらすでしょう。選手達は「監督は自分達よりフランスの方が実力が上と見ている」と敏感に感じているかも知れません。
Posted by ユリウス at August 03, 2012 23:27
はじめまして。ネット界隈ではこの問題が話題となっているようですが、私も小賢しい策はうまくいくかなあと思います。
大舞台の短期トーナメントにおいて「勢い」「気迫」という要素が決して侮れないものであることは、昨年撫子自身が証明した事ではないかと思います。色々と角が立ち、更に味方の士気を阻喪するようなこの作戦は、移動の回避やフランス戦の回避よりも大きなリスクを背負わせているような気がしてなりません。
たった一回大舞台で勝った位で、老獪な常勝軍団の真似事をしても、生兵法はなんとやら、本来の動きも出来なくなって元の木阿弥なんてこともありうるのではないでしょうか。

また、ちょっと調べてみると、(2次リーグが廃止された86年以降)男子ワールドカップで優勝したチームはすべて、予選リーグを危なげなく1位で突破しています。勿論消化試合もありますが、中身を見ると、レギュラーから漏れて普段ベンチにいる若手を躍動させたり、チームの新戦術を試す場にしたりと、最終成績がいいチームほどダラダラ試合にはしないようです。厳しい決勝トーナメントでは、ここで試した若手がスーパーサブになったりするのでしょうね。
こういったわけで、ネット上のサッカーファンの方々が主張される「強豪がよくやる戦略」というのも、最高の大舞台に限ればどうでしょうか。果たして有効な戦略なのか疑わしいです。
少なくとも、ワールドカップやオリンピックレベルの大会で、シュートを打つな、点を取るなという指令が漏れ聞こえてくることは前代未聞です。

とはいっても勝てば私のような連中を黙らせられるというのも真理でしょう。
監督とスタッフのお手並みは意見というところですかね。長々と失礼致しました。
Posted by フッディーン at August 03, 2012 00:16
bruins 様

別に難しいことを聞いていません。どう思いますかとお尋ねしているのです。

小生の考えが「まさに日本があらゆるスポーツで世界に勝てない大きな理由の一つ」とまでおっしゃるのなら、こういう国際間のトラブルや1日に起きたバドミントンの無気力試合に対する処分に関しても、立派な見識を示していただきたいと思います。

くどいようですが、これらは「サッカーファンじゃないと分からない」とかバドミントンファンじゃないと分からないとかいう、そういう類の問題ではありません。各種スポーツの頂点を目指す選手とそれを率いるリーダー達の心のありようを問う問題だからです。
このBlogの大勢の読者のために是非お答え下さい。



Posted by ユリウス at August 02, 2012 21:42
STさま

あの発言は南アチームにたいするリスペクトのかけらもありませんから、発言してはならないことですね。
おりしも、バドミントンでは無気力試合をした中国、韓国、インドネシアの選手8名が失格(disqualify)処分になりました。
予選通過の順位を自分達の都合のいいようにするという行為であるところが、なでしこのケースと同根です。
Posted by ユリウス at August 02, 2012 21:02
STさん、
これだけ日本の報道をみて、なでしこに対する過度な期待が、「出場できることに誇りを持つべき」なんて言葉で済むことだと思いますか?オリンピックに対する考え方は人様々で、昔はそのような考えで通ったかもしれませんが、そのような考えでOKな競技は、やはり成績はふるいませんよね?サッカーファンじゃないとわからないかもしれませんが、サッカー女子に関しては、もはや国民の期待は「出場できてOK」を遥かに超えています。
Posted by bruins at August 02, 2012 18:55
こんばんわ。相手チームのサポーターが「福島」コールをした件ですかね?
サッカーは好きですが、このようなことはあまりわかりませんので、発言は控えたいと思います。
Posted by bruins at August 02, 2012 18:50
これってオリンピックですよね。出場できることに誇りを持つべきで、この監督の発言は、限りなく最低ですね。思っていても言うべきじゃないことだと思います。
Posted by ST at August 02, 2012 14:20
bruins 様

こんばんは!
サッカーのことはお詳しいようなので、「参考」として示した昨年のベルギーの試合で川島に発せられた心ない野次についてはどう思われますか?
ベルギーの世論は「恥ずべき野次」としました。ベルギーのサッカー協会は騒ぎを起したゲルナミルに対して「罰金」と「川島選手と日本大使館への謝罪」を申し渡しました。
野次に対してこのような毅然とした措置をしたベルギーサッカー協会はどうですか? 
是非、あなたのお考えをお聞かせ下さい。
Posted by ユリウス at August 02, 2012 01:41
こんにちは。単純に興味がわいたのですが、普段サッカーはご覧になりますか?
観てないなら仕方ないですが(まぁ、それならここまで書かないで欲しいですが)、観ているとしたら、この考え方は危ういというか、残念ですね。まさに日本があらゆるスポーツで世界に勝てない大きな理由の一つだろうと思うし、最近はA代表でも「勝ちにこだわる精神」を日本のサッカーファン(にわかと呼ばれる人達にはわからないかもしれませんが)にも見せてくれているのに、何も伝わっていないということになりますね。。。フェアプレーにこだわるなら、「メダルを期待」何て言わないで欲しいし、メダルが欲しいのなら、あの程度のことでぐだぐだ言わないで欲しい。別にラフプレーをして相手を傷つけたわけでもないんで。
大きい大会での試合を観てきたサッカーファンの間では、「暗黙の了解」だとさえ思っています。
Posted by bruins at August 01, 2012 23:39