March 09, 2012

ベンツの消える車(Invisible Mercedes) -楽しい!-

 ちょっとショッキングなデモンストレーションをベンツがやりました。燃料電池で走る電気自動車・F-CELLモデルの宣伝に考え出された車だそうです。

 まずはご覧ください。
http://youtu.be/ZIGzpi9lCck 「ベンツの消える車」(Invisible Mercedes,1分30秒)

 街を走っている車が消えてしまうような錯覚がおこります。タネあかしも映像にの中にあります。LEDフィルムを車体に貼り付けて、車の反対側の映像を、カメラからリアルタイムにそのLEDに写しているのですね。まるで動物の保護色みたいです。これは「カメレオン型工学迷彩」と呼ばれているらしいですが、翔年は「だまし絵」を思い出しました。

有名なだまし絵(後ろ向きの若いご婦人、右向きの魔女?)
だまし絵
 宣伝媒体へのこんな楽しい応用ならいいでしょうが、この車が街に出れば確実に事故を誘発するでしょうし、もっと大掛かりな装置を使えば、遊園地の遊び広場のイメージも変わるかも知れません。いや、もっと悪賢い輩が犯罪に応用する手口をつくりだすことなども考えておかねばなりますまい。消える物体とだまし絵を組み合わせて、警察をコロッとだますような愉快犯がその内出てくるかも…。人間は錯覚の動物なので、必ず引っかかります。(笑)
 お堅いイメージのドイツ人の中にも、こんな技術者がいるのですね。ドイツ市民が驚いたり、楽しんだりしている様子も微笑ましいです。


いつも『もの言う翔年』を読んでくださりありがとうございます。
お陰さまで「政治評論」も「囲碁」もランキング上位に入っております。
コメントをいただいたり、ランキングがそこそこにとどまっているのを励みにBlogを書いております。
お暇なときに見て行ってください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ
にほんブログ村


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mtmt0414/52236380