February 01, 2012

民主党のリーダー達に欠けているもの −人材活用術

 5日前の1月28日と言っても、100年以上前の1902年のことですが、鉄鋼王、アンドリュー・カーネギーが1億ドルを投じてカーネギー財団を設立した日でした。カーネギーのお墓にはこんな素晴らしい墓碑銘が刻まれているそうです。

アンドリュー・カーネギー (photo by wiqipedia)
カーネギー

自分より賢き者を近づける術(スベ)知りたる者、ここに眠る。
(Here lies one who knew how to get around him men who were cleverer than himself.)


 自分が賢いと言っていないので、へりくだっているようにも聞こえるし、自分より賢いものを使いこなして巨万の富を築き上げたのだから、やっぱり利口者だったに違いないと思わせたい言葉のようにも見えます。微妙な言葉使いに魅かれますね。


 一人の人間があらゆる分野に精通し、全てのことに優れている、なんてことは現実にありえないのだから、この言葉はゼネラリストの資質が強く要求される政治家とか経営者に当てはめるて考えるとなかなか含蓄の深い言葉です。
 その上、人間は「人間ならば誰でも、現実の全てが見えてるわけではない。多くの人は、見たいとする現実しか見ていない。(ユリウス・カエサル)」という弱点をもっているからなお更です。それを補うのは官僚組織と優秀なブレーンと豊富な読書量ではないでしょうか。

 民主党の鳩山元総理、菅前総理の二人ともこのような観点から見ると、リーダーの器として疑問符がつくと思います。
鳩:「(沖縄の米軍基地は)国外、少なくとも県外…」
→ 我が国の安全保障の根幹であり、それはとりもなおさず、同盟国、米国との外交交渉事項なのにこの発言の浅薄さ、幾ら非難してもし過ぎることはありません。
菅:「脱原発は個人の考え」
→ 現職総理が何の根拠も持たずに、天下に(新聞記者に)こう語った。これ以外にも、思いつき発言、行き当たりバッタリの発言の山を築いたのはまだ記憶に新しいです。災害が起こってから慌ててブレーンを集めていたのも見苦しかった。

 この二人のミスリードが、野田民主党政権の足元を揺さぶっています。いずれも国の基本問題であり、議論を十分尽くした上で、リーダーが決断すべき事項でしたから。

野田総理

 では三人目の野田総理はどうか? 翔年のみるところ、不安が一杯です。党内基盤が弱い上に、国民に対する発信力がまったく弱い(総理、官房長官とも)ので、これでは世論のバックアップも得られない。決断して政策の実行が出来ないの状態に間もなく陥るのではないかと危惧します。

 リーダーは物ごとがどう決まるのか、それを実行するとはどういうことかも理解していて欲しいです。
 我が国はこれまでのやり方が通用しない新たな危機に直面しています。我が国だけではなく、グローバルな政治経済も今危機の渦中にあるのですから、そういう外部環境も考慮しつつ、国論を二分するような難しい、あえて言えば「51対49」であっても、決断し、実行しなければならない局面が眼前に迫っているのです。
 未来に対して責任感のある若い政治家が早く出てきて欲しい。何も決められない、先送り政治は今年こそ断ち切りたい。政界再編へ突き進むしか難局打開の道はなさそうに思えます。


いつも『もの言う翔年』を読んでくださりありがとうございます。
お陰さまで「政治評論」も「囲碁」もランキング上位に入っております。
コメントをいただいたり、ランキングがそこそこにとどまっているのを励みにBlogを書いております。
お暇なときに見て行ってください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ
にほんブログ村



この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
山下和秀様

小生もこの大臣には危惧を感じています。
おっしゃるようなキャラクター、自信喪失者みたいな不安一杯の態度ですね。
それ以外にも財務大臣はマーケットと阿吽の呼吸の対話ができる能力が求められているのですが、円高発言などのコメントも、危なっかしくて見ておれませんでしたね。
Posted by ユリウス at February 24, 2012 18:22
 若い大臣?大臣の資質を問う!特に安住淳国会中継では、質疑者に対して、うなずいたり、相手に無礼な笑い顔、座席ではきょろきょろし、腕組み
顎に手を付き、二十日ネズミの如く両手の動きが頻繁に動き、信頼できない。オッチョコトイである。国会をなめている。
Posted by 山下和秀 at February 24, 2012 08:54