January 18, 2012

ウキペディアがブラック・アウト −法律案に抗議して…

 ネット上の自由百科事典、ウキペディア(Wiqipedia)が米国の上下院でで検討されているSOPA(Stop Online Piracy Act)とPIPA(Protect IP Act)という法案に抗議して、写真のような真っ黒の画面になっており、通常の情報が得られなくなっていてびっくりしました。

ブラック・アウトのWiqipedea画面(クリックで拡大すれば文字が読め理由が分ります)
Wikipediaのブラックアウト

 どちらの法律案もオンライン海賊行為や著作権侵害の防止法だそうですから、目的から見ると一概に悪いとは言えないと思われます。要するに法律の中身を吟味しないことには判断できないのですね。でも、英語の法律文では翔年は手が出せません。

 ウキペディアが反対している理由は、この問題の法律が外国で行われている違法行為を規制するために、米国国内の表現の自由を侵したり、過度な規制強化で検閲が行われたりすることを危惧しているのらしいです。もし本当にそうなら、私達も反対しなければなりませんが、アメリカの法案ですから、日本人の我々が直接どこうすることはできません。できませんが、ネットはグローバルな存在です。この法案の出来不出来によって、どの国に住んでいようと、ネット上の知的財産に大きな影響を受けることにならざるをえないのが辛いところです。そういう心配を画面をブラック・アウトという手段でウキペディアは訴えているようです。

 今は一般論しか言えませんが、翔年は中国のせい(推測です)で、健全なネットの表現の自由が侵される自体は避けて欲しいと念願します。アメリカの良識に期待しながら、法案の推移を見守りたいと思います。

※オンラインの著作権侵害を防止するための法律に、すでにデジタル・ミレニウム法(DMCA)があるが、これは国外のサイトにまでは及ばないため、今回の法案が検討されているのです。


いつも『もの言う翔年』を読んでくださりありがとうございます。
お陰さまで「政治評論」も「囲碁」も上位のランキングに入っております。
コメントをいただいたり、ランキングがそこそこにとどまっているのを励みにBlogを書いております。
お暇なときに見て行ってくだされば幸いです。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ
にほんブログ村