December 15, 2011

根本から考える(3) −皇室とは

 本日の読売オンライン等のネット報道によると
藤村修官房長官は14日の記者会見で、女性皇族が結婚後も皇族の身分にとどまれる「女性宮家」創設を含む皇室典範の改正問題などについて、年明けから有識者へのヒアリングを行うと表明した。藤村長官は「常識的な範囲で年明けからスタートしたい」と述べた。一方、正式な検討の場の設置に関しては「審議会や有識者会議を設けるか、専門家に個別に聞くなど、いくつかの方法を検討している」と述べた。
 
 この問題は宮内庁の羽毛田信吾長官が10月、将来的な皇族の減少で皇位継承が不安定化する懸念を野田佳彦首相に伝えたことを受け、首相が今月1日の記者会見で「緊急性の高い課題だ」と突如言い出し、皇室典範の改正を含めて検討する考えをあらかじめ示していた。

※皇室典範では女性皇族が一般人と結婚した場合、皇族の身分を離れると定めている。


 翔年は上の例のように一行政機関の長の進言を受けて、極めて目先の問題にとらわれて、政府があたふたと検討を始めるのはいかがなものかと考える。そもそも、この問題は憲法による皇室の位置づけの議論が根本であり、これを避けて「女性天皇が是か非か」とか「女性宮家の創設すべき」などという短絡的な議論でけりをつけてはならないと思う。

 繰り返しになるが、翔年は皇室問題は憲法問題の一つであるととらえているので、この国の形をどのようにするのか、政治家が議論のタネを播き、広く国民的議論の輪が広がることを期待しています。特に有識者会議などのメンバーはご高齢のお歴々ばかりになりがちであるが、もっともっと若い方々の意見も是非反映してほしいと願う。


 21世紀に相応しい日本国憲法をつくる為に国民的議論を起そう。翔年が参考にしている図書の一部です。
皇室問題002皇室問題001




 いずれ、根本問題を整理して物申したいところですが、今回はとりあえず、今までに皇室問題に関して翔年が物申してきたエントリーを掲げておきます。リンクを貼っいますので、関心のある方は是非読んでいただきたいです。現在の状況と異なるところもありますが、本質的なものは何ら変っていないと思います。

2005年11月24日「有識者会議に異議あり」


2010年1月18日「憲法改正は国の在り方の議論から −皇室(1)」

2010年1月20日「憲法改正は国の在り方の議論から −皇室(2)」


2009年1月31日「改憲論議 −鳩山総理のコメントに思う」


2009年1月6日「ガラスの中の天皇家」


2004年12月28日「皇室典範に関する有識者会議に異議あり」


2006年2月19日「経済の話よりも社会のあり方を話そう」


2004年11月9日「雅子さま,「気持ち整理の時間必要」 -東宮大夫-」


2004年11月15日「OさんのE-Mailへの返事」 


いつも『もの言う翔年』を読んでくださりありがとうございます。
お陰さまで「政治評論」も「囲碁」も上位のランキングに入っております。
コメントをいただいたり、ランキングがそこそこにとどまっているのを励みにBlogを書いております。
お暇なときに見て行ってください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ
にほんブログ村





この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
翔年様

憲法による皇室の位置づけの議論が根本.複数のブログの内容に共通と存じます.どうも小生の専門外か、入口まで行けない気質があるようです.気質は法の周囲に広がる倫理に巻かれるような技術者要綱(技術者というのはまずい表現かもしれませんが)にあります.
シンボルには、以前遠山の金さん「桜吹雪」が見えぬかは、最近なくなり(あっちゃまずい!)、水戸黄門の印籠くらいです.一方、金さん殿様厭で庶民になりたい気質と思え、もう王様厭だ、御姫様厭だがみえます.厭だから失語症などになったお方いるじゃないですか.もう厭やが言えないのは
大変つらいと思います.これだけではないと思いますが、やはり憲法ですか.
Posted by 奈良・東京のO at December 21, 2011 06:55
奈良・東京のO様

歴史によれば、イタリヤは1946年国民投票により王制に代って共和制を政体とすることを決定したのでした。イタリヤ人は賢明な選択をしたと僕は思っています。
その昔、15世紀(マキャベリがいた頃)のイタリアはフィレンチェ共和国、ヴェネチア共和国、ナポリ王国、シチリア王国、教皇領(カトリックのバチカンです)ミラノ公国等群雄割拠していたのでした。詳細はつまびらかにしませんが、当時のローマ法王シクストゥス四世など世俗的でかつ権謀術数の使い手だったらしです。(暗殺なども平気)
このようなことから考えると、分割されなかったのはカトリック信者の数ではないと思われます。

皇室論は国のあり方に論拠をおいて議論すべきと考えます。伝統も大切ですが、生まれながらに日本国の象徴になる人間がいるべきであるのはなぜか? それも男でなければならないのは何故か? とか、 そしてその人に権威(権力ではありません)を与える必然はどこにあるのか? などなど、よくよく考えるべき命題であると思います。
いずれ、国のあり方や憲法改正論議をじっくりやりましょう。

 

Posted by ユリウス at December 20, 2011 18:35
翔年様
いつも考える機会をいただき、うれしく思います.しかし、全くの専門外というか、見当外れになると思いますので、お許しを.
時は終戦、天皇や教皇のいない国は東西、南北に分裂した.戦利者は侵略する.日本も清のラストエンペラー後、満州、朝鮮を侵略した時代があった.民族が一致して戦えるのは何か、分裂されないための原点にあるのは何か?シンボルを崇め戦うのか?イタリアを分裂させなかったのはカトリック信者の数でないかと.教皇まで分けることができなかったのではないか.天皇教って聞いたことがありません.崇拝者はいますが.皇室論は何を原点に議論すべきなのか、またお教えください.よろしくお願いします.
Posted by 奈良・東京のO at December 20, 2011 13:14