July 08, 2011

休筆のお詫び − 翔年は元気です!

暑中お見舞い申し上げます

 読者の皆様、何の前触れもなく1ヶ月以上に亘ってBlogの更新を怠っておりました。これはひとえに翔年の怠慢です。深くお詫びいたします。
 その間、東京のK.T.氏、神戸のK.Y.さん、須磨のK.K.氏、奈良のO氏などから、安否確認の電話やメールをいただき、たいへん恐縮しています。
若い頃から健康に恵まれております翔年は、相変わらず元気に遊び暮らしておりました。すみませんでした。



言い訳していいわけありませんが、以下はツマラン言い訳です。(健康でいることが分ったらそれでよしという方、以下は読まなくて結構ですよ)

1 政治状況は目を覆うばかりの惨状を呈しています。現状は一つ一つのことを取りあげて批判するような状況にありません。100年に1回の国難というなら、大連立を目指したらよろしい。優先度の高いやらねばならないことは
(1) 何と何と何か
(2) 何時までにやるか
(3) どのようにやるか
を真剣に国会で議論すべきです。だれが総理になるかという議論はその後
でやるべきです。(1)(2)(3)の真剣な議論を通じて、自ずから現状の政治状況の中で、そのような政策を実行するのに相応しいリーダーが必ず現れると信じます。 

2 福島原発事故の収束はまだ先が見えません。どうやら天災から人災になって、混乱がまだまだおさまるようすをみせませんね。

 このような大問題は国の基本的なグランドデザイン(我が国のあるべき姿やエネルギー政策等)がなくては議論がなりたちません。そのために国会議員がいるのですが、どうも感心できない人物がいっぱいいますね。
 紙数のすくないBlogでグランドデザインを描いて論じるには荷が重過ぎますし、とても書ききれません。その力量もありません。

3 翔年は確実に歳をとりました。老人の特長の一つは「じゃまくさいことは先送りする」です。翔年も例に漏れません。

 というような訳で、更新が大幅に滞っておりました。
「政治問題を書かなかったらいいやん」という助言や、逆に「政治問題に絞って書け」という励ましもいただきました。「ゆっくり命の洗濯をして」という考えもチラッと浮かびましたが、『命の洗濯、干したら縮んだ』(笑)となりかねません。
 やっぱりここは原点に帰って、「書きたいことがあったら、ちょっともの言うてみる」スタンスででいこうと思います。


暑さ故ものをきちんと並べをる    細見綾子


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mtmt0414/52171320
この記事へのコメント
Y.T様

ありがとう!
まっ、お茶を一杯でもどうですか?
(万事キュウスでお茶をつぐ)
ボツボツ書いていきます。
よろしく!
Posted by ユリウス at July 10, 2011 10:01
奈良・東京のO様

いつも叱咤激励、卓見をいただき感謝しています。
選挙制度改革、国会改革、公務員改革は一番難しい改革かもしれませんね。なんせ、国会議員が考えるんですから……。
Posted by ユリウス at July 10, 2011 09:56
翔年 様
政治の愚かさと原発へのうろたえを憂いて寝込んだかとほとんど
可能性のないことを心配してましたが。
スポーツ仲間より情報ははいってましたので又現れると思っています。
読者の要望に答え ツヤのあるニヤリ話で暑さを吹き飛ばさせてください。
Posted by Y.T at July 10, 2011 09:44
坂口浩之 さま

ご心配をおかけして申し訳ないです。
ほんのつまらないBlogであっても、広く世間に向かって発言している以上、それなりの責任はあるということを痛感しています。
休むにしろ、止めるにしろ、自分勝手であってはならないと思い知りました。
「いちいち聞いて十をしる」翔年ですが今後ともよろしく!


Posted by ユリウス at July 10, 2011 09:38
高野圭介 さま

いつもながら、大兄のお話は面白い。
連想の妙がいきいきと脈打っていて、こっちの脳味噌をかき回してくれます。
早速HPの「速成現代気質」も読ませていただきました。
ありがとうございました。
Posted by ユリウス at July 10, 2011 09:30
翔年 様

安心はしておりました.
大連立ですか.大多数の政策は一体どのようになるでしょうか?我流思考ながら,人,モノ,金を絡めることなく,それぞれを活かした将来に期待し,
自然環境,人的社会環境の整備を願います.明らかなことは,大半の公務員の低落と思え,ここを辞めたらほかで働く場所がなさそうである.なのに公序良俗を犯す逮捕者もいる.職務怠慢では済まない,どこから生活を補ってもらっているのか,生活保護受給者よりも劣るところも十分考えられます.大いなる公務員改革をベースとして,楽して生きられる現役人種を今以上増やしてはならいと思います.まして懸命な公務員を見習う公務員人口は少ないと感じられます.政治家はこれを把握して霞ヶ関でうなってもいい!地方からも変革だ!!今後ともよろしくお願い致します.

奈良のO
Posted by 奈良・東京のO at July 10, 2011 06:37
ユリウスさま
 お久しぶりの更新、大いに安心しました。もしや?まさか?ご病気では?と心配していました。お伺いをしようか、しまいか。月が変わってから毎日悩んでおりました。
日替わりで、原子力に関する先生がメディア出演され、政治家先生方の卓見を拝聴し、野次の活発な国会放送に釘付けになり、退屈しない毎日です。
その間にも放射能は飛散、汚染しています。フクシマは収束可能でしょうか
ヤッパリ、原発は企業が制御すべきでなかった?もう諦めています。
暑気払いに軽ーい駄洒落、艶笑ものなど一つ願います。お元気で
                          交野 風吉
Posted by 坂口 浩之 at July 09, 2011 12:27
ユリウスさま

風が吹いて放射性物質が飛び散る。遠く離れている静岡にも飛んでくる。
静岡茶葉の保証が始まる。ストレステストも始まり、経済より命が大切と、
日本の原発はすべて止まってしまう。日本の産業は息も絶え絶え、国民も、のたうち回る。日本保有の$.US も枯渇して、破産国家となってしまう。
行き着くところ、助けを中国に求める。日本は中国の一省となり、中国日本省となる。日本の言葉は中国普通話となって、本がバカ売れする。
中国から出店した本屋が儲かる。

講釈師見てきたような嘘を言い。「速成現代気質」より

http://gokichikai.on.coocan.jp/essay-kazehufuku.html
Posted by 高野圭介 at July 09, 2011 08:08