April 20, 2011

第13回高槻ジャズ・ストリート(5/4,5)のご案内

ジャズ・ストリートのポスター(選挙のポスターより楽しいでしょ)
高槻ジャズストposter2011
  今年の「高槻 Jazz Street 2011」は5月3日(日)、4日(月)に盛大に行われます。毎年のことですが、会計の重責を担っておられるY.Y.氏が出来上がったばかりのジャズ・スト・パンフレットを持ってきてくださいました。ジャズ・スト開催中、街のあちこちに置かれ、誰でもタダで貰えるこのパンフレットは表紙もいれると68ページにもなる立派なものでした。
事前に置いてある場所はここ。
・ 高槻市観光案内所(JR高槻駅コンコース)
・ 高槻市総合センター1階(高槻市役所の南隣)
・ 阪急高槻市駅サービスセンター
・ 大阪市観光案内所(JR大阪駅中央改札前、鉄道案内所内)
そのうちネット上にPDF形式でアップされます。ダウンロードしてお楽しみ下さい。
勿論、当日手ぶらでいらっしゃっても大丈夫、街のいたるところでこのパンフレットはもらえます。



概要です。
日時: 5月3日・4日 いづれの日も午前10時より深更まで
場所: 阪急高槻市駅・JR高槻駅周辺46会場(街がステージになります)
アクセス: 阪急高槻市駅
(梅田駅、河原町駅より特急で20分)、JR高槻駅(大阪駅、京都駅より新快速で15分)
主催: 高槻ジャズストリート実行委員会
参加ミュージシャン: 岸ミツアキ(ピアノ)、日野皓正(トランペット)など、有名、無名入り混じって、あまりにも大人数で翔年はカウントできません。すみません。
パンフレットによると出演は577バンドだそうです。ビッグバンドもあることなので少なく見積もっても2000人は軽く越えるのではないでしょうか?

Tシャツのデザイン(Tシャツが資金源)
シャツjpg
 会場が46もあって、出場者が2000人以上とするとこれは大変な規模ですね。この大イベントを全てボランティアの手によって行い、何処でどんな演奏を聴いて楽しもうと、全てタダというところが凄いです。

 第1回から13回連続出演していただいている世界で活躍されている岸ミツアキ氏(ピアノ)は「こんなジャズフェス、世界のどこにもない」とおっしゃっています。
 この催しに賛同して翔年は第2回からささやかなお手伝いをしています。読者の皆様、どうか奥様(またはご主人)、友達をお誘い合せの上『街がライブする高槻ジャズストリート』においで下さい。そしてこのTシャツを買ってください。よろしくお願いします。

 ジャズストのHPはこちらです。(二枚の写真はいずれもHPから借用しました)
 今後詳しい情報が適宜アップされますので、関心のある方は是非チェックを願います。イベントの成功の鍵はリピーターが多いことです。みなさん、今年もまたおいで下さい。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mtmt0414/52143403