November 13, 2009

銀河で次々と生まれる星の画像


星の誕生
 米航空宇宙局(NASA)が11日、ハッブル宇宙望遠鏡が今年5月に撮影した、星が誕生する様子を映した画像を公開した。星が消滅するのは何となく分るのですが、「星が生まれる」というのは、もう一つピンときません。
 こちらの本文をよくお読み下さい。

関連雑学1 M83&M51について
 フランスの天文学者メシエ(1730-1817)は彗星の発見に関心があった。ぼんやりした天体をみつけ、やったと思うが移動せず、ぬか喜びをよくした。
 そこで、これらまぎらわしい天体、102個のリストを作った。そして、この方が重要な発見だった。
 M13は百万個の恒星からなるヘラクレス星団、M31は5千億のアンドロメダ大星雲。


関連雑学2 宇宙にある物質について
 地球上の物質は、99%が炭素、水素、窒素、酸素からなる。銀河系の星の基本元素も同じ。
 ノーベル賞を受けたウォルド教授は「地球上で生化学を学んでおけば、よその星でも通用する」と言っている。他星に生命が存在していても、化学的性質は基本的に同じと考えられている。

※「アシモフの雑学コレクション」を参考にしました。


この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
エジャ様

 色々とご教示、ありがとうございました。

 アシモフの説の疑問点を多面的な角度から読み解いていただき、少し理解が進みました。そして、示していただいたサイトを見て、小生は「地球上の物質」を「地球生命体」と読み替えるべきというご意見に心が動きました。
 いい訳ではありませんが、訳者(星新一)は「読んで面白いことが先決だ。だから、文章は直訳でない」と断っていますから、翻訳過程で訳者は一般的な用語を採用したのかもしれませんね。

 理科年表サイトの「宇宙の元素組成」、「太陽系の元素組成と元素合成過程」、「人体の元素組成」も興味深い解説でした。

 あなたのご教示で、きっとおおくの読者も喜んでいただけたと思います。

 これからも、たまに「驚く楽しみ」のエントリーをブログにアップしていきます。
 今後ともどうかよろしくお願いします。
Posted by ユリウス at November 19, 2009 22:54
ああ、なるほど、確かに重量比とは書いてありませんね。

そうすると、これは元素の数の比率で表現したのかもしれません。そして、「地球上」とあるのを地表付近と読みかえればより正確なのかな。

すると、以下、数値等はすべてざっくりで書きますが、
空気の組成は、窒素分子:酸素分子 = 1:4(体積比=分子数比)ですし、地表の面積の70%を占める海は(体積を考慮することはもっと重要)、塩分を含んでいるとは言え、水(水素原子:酸素原子 = 2:1)ですから、
こんな風に読み替えてみると、
>地球上の物質は、99%が炭素、水素、窒素、酸素からなる。
となるのかも知れませんね。(断定はできませんが)

または、これをその後に続く、
>「地球上で生化学を学んでおけば、よその星でも通用する」
につなげる前提として書いたとすれば、「地球上の物質」を地球生命体と読み替えるべきなのでしょうか?
http://health.kh23.com/feed/archives/2005/12/post_171.html
↑を読むと、どうやらこちらの方が正解のような気もしてきますね。

何しろ、残念ながら推測でしか読むことができませんでした。

ぱっと見でいちゃもん付けてしまいましたが、ここまででご勘弁くださいませ<(_ _)>   エジャ

P.S.追加でご質問のあった4と5については、理科年表オフィシャルサイトのリンクを貼らせていただきます。

http://www.rikanenpyo.jp/kaisetsu/tenmon/tenmon_021.html
Posted by エジャ at November 19, 2009 22:07
エジャ様

宇宙生成の根源的な議論は小生にはちょっと荷が重いです。
それでご指摘のことに関して書籍で再確認しました。

1 星新一編訳「アシモフの雑学コレクション」の25ページに本文に引用した文章はそっくりあります。

2 高校の化学で習った周期律表は理解できます。ですから元素の重量比(%)で示された存在割合はそんなものかなと思います。

3 ただ、「アシモフの雑学コレクション」の99%というのは、重量比であるとは書いてないところが曲者ですね。何の比なのか?

4 また下のような説もあり、小生にはこのことが理解できません。「そうなんですか」と言うしかありません。

「宇宙の始まりに最初にできた元素が水素で、水素の核融合でヘリウムが生じ、そのあたりで膨張を続ける宇宙が冷えてしまい、宇宙としての元素生成は終わった。その後は、星の中で元素合成が進み、鉄までの元素は星の中での元素合成でできる元素です。(鉄以降の元素は超新星の爆発で作られる元素)」

5 普通我々は、周期律表の元素は物質の大本と思っていますが、宇宙の始まりの話には「元素合成」なんてことが唱えられていますので、チンプン、カンプンです。
 
以上の疑問について、ご教示いただければありがたいです。


Posted by ユリウス at November 18, 2009 23:24
こんばんは。

>地球上の物質は、99%が炭素、水素、窒素、酸素からなる。

これって、少しじゃなくて、思いっきり間違いではないですか?

参考までに
http://www.mext.go.jp/a_menu/kagaku/week/shuki/a3_b.pdf
Posted by エジャ at November 18, 2009 19:58