September 21, 2009

オランダからお客さま −タイメン君が塾に

 19日のいきいき塾にオランダからタイメン君(Tymen Von Wettum)が遊びに来た。同行のTさんの情報ではヨーロッパの1級ということだった。若い人はすぐに強くなる。それを考慮して日本の四段相当として、塾のポイントシステムで対戦した。ちょっと荷が重かったようで成績は1勝3敗、四段は寸前の実力者だった。

タイメン君(右から四人目)を囲んで
Tymen


 彼は「太陽物理」を学んでいるそうだ。が、理系の知識だけでなく、日本語でも日本文化でも何でも広く興味を示し、聞いた知識をすばやく吸収するのには驚いた。もう、20代の後半なのに、頭の柔軟性が翔年の孫(2歳児)と同じような感じで、翔年は強い感銘を受けた。勉強も囲碁もまだまだ伸びていくことは間違いあるまい。

 碁を打たない友達二人と一緒に来たが、「いきいき塾」は碁がメインなので、申し訳ないと思いつつ、二人はほったらかしにしておいた。彼らは村を探索したり、昨日おぼえたばかりの囲碁を二人で打ったりして、少しもタイメン君の碁の邪魔をしなかった。

 彼らに幸あれ!


この記事へのトラックバックURL