June 14, 2009

高槻市新人卓球大会に出場

 「第112回高槻市新人卓球大会」に出場した。主催は財団法人高槻市体育協会と高槻卓球連盟ということでしたが、後で述べるような事情で㈶高槻市体育協会は破産手続き中のため、主催は高槻市卓球連盟でした。

卓球大会会場

 還暦を越えた者が新人とはおかしいかも知れませんが、卓球を始めて3年未満なのでまぁよろしかろうということでした。要するに各種の卓球大会で大した経歴がなければいいということ。

 出場者は男女(高校生〜一般)合わせて200名ぐらい。男女別にそれぞれ1部、2部に分かれて対戦した。翔年は一般男子2部です。囲碁の大会では強さの尺度として段や級があるので、主催者がクラス分けするのは比較的簡単だけど、卓球はどうするのだろうと見ていたら、うまい運営をしていました。

 それは最初、3ないし4名で予選リーグを行わせる。そこを1位通過者は1位トーナメントへ、2位通過者は2位トーナメントへ、3、4位通過者は3,4位トーナメントへそれぞれ進む。これできれいに実力相応のクラスのトーナメント戦ができあがり、それぞれが自分の卓球を楽しむことができるいうわけです。

卓球大会1


 翔年は予選リーグを1勝1敗の2位で通過したので、2位トーナメントに進んだ。そのトーナメントの1回戦と2回戦をどうにかものにしたが、準決勝戦では惨敗した。
 結局、大会の成績はまぁまぁの3勝2敗、思ったよりも楽しめた。



 卓球大会のことよりも主催者だったはずの㈶高槻市体育協会の破産手続きは深刻だ。新聞報道などで、ご存知の方も多いと思いますが、書かずにはいられません。

㈶高槻市体育協会とは市民の体位向上と正しいスポーツの普及を通じ、併せてスポーツ精神の高揚を図り、青少年の健全育成と生涯スポーツの振興及び体育全般の発展に寄与することを目的とした法人でした。

 それが予測不可能な不幸なできごとにより、破産せざるをえなくなりました。
6月2日の産経ニュースによります。

 大阪府高槻市で平成8年、サッカー大会の試合中に落雷の直撃を受けて重い障害を負った高知市の北村光寿さん=当時(16)=に対する賠償金が支払えないとして、大会を主催していた財団法人高槻市体育協会は2日、破産申し立てを行う方針を明らかにした。今月上旬にも手続きを開始する。竹本寿雄会長は「資金調達できず破産しかない」と説明、資産を整理して、約5000万円を賠償金に充てるという。
 体育協会によると、私立土佐高校に在学していた北村さんは平成8年8月13日、同協会主催のサッカー大会に参加。試合中に落雷を受け、両目失明や下半身不随などの重い障害を負った。北村さん側は、損害賠償を求めて同校と同協会を提訴。1、2審は敗訴したが、18年3月に最高裁が「教諭は落雷を予見できた」として審理を高松高裁に差し戻し、高松高裁は20年9月、同協会などに約3億円の支払いを命じた。
 竹本会長によると、同協会では同12月に保険金や基本財産などを使って約8000万円を賠償。残金には、土佐高が5月29日までに協会分約8000万円や事故から判決確定までの間の金利を含む約4億2000万円を支払った。同日、土佐高から約8000万円の支払いを求める方針を示されたという。
 同協会では市に補助を申し込んだが断られ、北村さんにも債務免除を拒否された。また、公益法人法により利益行為はできないことなどから、賠償金の調達が不可能と判断。22日に開かれた理事会で全会一致で破産手続きにはいることを決めた。竹本会長は「できうる限りの償いをするため、やむを得ない判断」としている。

→ 翔年は本件の最高裁の判決と高松高裁の判決には承服できないものを感じます。地震とカミナリは予測できないから恐いのです。(一度裁判官に予測させてみたいものです!)
 世論がこのような訴訟について、何の反応も示さないことが不満です。この種の訴訟がある度に、善意のボランティア活動や子供会活動などが危機に曝される。何でもかでも他人のせいにする風潮が蔓延し、そして社会にとって望ましい組織が萎縮していく。法の運用を誤るとこの世に事なかれ主義がはびこる。今回の判決が、この種の訴訟頻発の引き金になるのではないかと危惧しています。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mtmt0414/51838944
この記事へのコメント
通りすがり様

現場においでになった方ですか。
貴重なご意見、ありがとうございます。
同感です。お怒りはもっともと思います。

裁判で裁こうとすると、おかしな結果になる事件が時々ありますね。
なんでも裁判に訴える風潮には賛同できません。
Posted by ユリウス at September 19, 2009 23:00
当時現場に居合わせた者です・・・
これは全くもって自然の恐ろしさを痛感した事故でした。
予測出来たか?が論点でしたが、あの状態での予測など出来ません。
こんな訴訟がまかり通るなら屋外での競技は何もできないですね・・・
被害者の方にはお気の毒ですが、これを人災と捉えるのならば厳しい言い方ですがサッカーなどはじめからやらねばよし!
歩み寄りも全くなしの金取り裁判にはうんざりです。
いちスポーツマンとして・・・
Posted by 通りすがり at September 19, 2009 18:02
奈良のOさま

おっしゃるとおり、なんでもかでも裁判で白黒をつけるという考え方は、どこか気持ちにそぐわないところがあります。

ところで最近、「検察審査会」なるものが、検察の不起訴を疑問とする決定をして捜査をやり直しさせることができる制度が機能するようになりました。これはいいことだと思います。
これについては、別エントリーで書きたいと思っています。
 
また、ご意見をお待ちしてします。

Posted by ユリウス at June 18, 2009 07:36
ユリウスさま
確かにここまで来たら止めようがありませんね.
しかして、一審の前に提訴撤回願を条件提示して行えるのですが、したかしなかったかの経緯を知りませんが、あったとしても被害者側が受け入れられなかったのかもしれません(どちらも和解拒否.次ぎ行け次ぎ行けですね).自然災害以外にも,サッカー,ラグビーなどの危険行為でレッドカードを出されたとして選手が死亡した場合は,相手選手を起訴することもあり得えますが,競技ルールだけでなく,予測される事故ルールを徹底しておくべきと思います.逆に危険行為をした選手を殴って重傷や死亡させたら,危険行為の内容が問われるかどうか,司法の判決に委ねるしかないと考えられます.落雷は予測可能とするのは,おかしいかも.暗闇に近い天候で落雷が他所で検知できたなら,試合中断するというルールがあったかどうかが問われると考えます.なかったのでしょう.
Posted by 奈良のO at June 17, 2009 20:02
奈良のOさま

落雷を受けた生徒側が損害賠償を求めて市立土佐高校と財団法人高槻市体育協会を提訴しているのです。止めるわけにはいかないのですね。
小生は土佐高校と市体育協会が勝訴した一審、二審の判決を支持します。
落雷は予測可能とする今回の判決は間違っていると思います。

不運にも重症を負った生徒をどのように援助し、支援していくかは別の問題ではないでしょうか? 裁判の問題ではなく、社会の助け合いというか、むしろ政治の問題として扱うべきではないでしょうか。

Posted by ユリウス at June 17, 2009 00:35
 裁判員制度がはじまりました.もし,当事件に翔年が裁判員に選抜されたなら,勝ち負け関係なく,どのような判決を下されるでしょうか.
 試合中断を決定するルールを知らない小生ですが,学校・主催者側が,被害者に対する−生涯にわたる援助・補償を具体的な方策示し申しでるべきと考えます.補償額ではありません.
 援助金を広く募ればいいのではないでしょうか.一般人からプロサッカーまで心ある方々からの援助を受けた方が被害者もきっと嬉しいはずです.
 裁判するまでもないように思えます.あっても調停裁判まででいいと思うのですが.
 当裁判ではどちらが勝訴しても後味がわるいと思えます.

Posted by 奈良のO at June 16, 2009 21:55