June 13, 2009

何もかも欠如の麻生総理(判断力、決断力、指導力)

 とうとう鳩山総務相の辞任という事態になった。しかし、この内閣は一体郵政民営化についてどのように考え、どのような制度にしたいと思っているのか、基本方針がハッキリしない。故に一貫性のない対応に終始し、どうしたいのか結局サッパリわからないまま。

麻生太郎
 なかでも恥ずべきは麻生総理だ。小泉内閣の閣僚であったのに、「自分は民営化に反対だった」と発言するかと思えば、直後に曖昧な表現をしたり、取り消したり、全く定見がない。

 今回の事の発端は、麻生総理と鳩山総務相が経済界の一部(ナベツネ)と組んで西川社長の追い落としを図ったことではなかったのか。途中で小泉人脈がその動きの阻止に動き、それが功を奏したとみるや、麻生総理は様子見に転じたようだ。もともと、鳩山総務相は麻生政権を作るために「太郎会」の会長におさまっている人物だ。本来、不一致のはずがない。途中で麻生総理が本心とことなる行動をとるようになったから、今日の事態をまねいたにちがいない。二人の動きは手に取るように分かる。

 バカバカしいほどの騒動ではあったが、結局、日本郵政の何処が悪かったのか、どのような制度を目指すべきなのかなど、国は日本郵政の株主なのだから、適切な対応を会社に要求するべきなのに、社長の首を取ることが目的のようになってしまっていた。国民に争点をキチンと示すべきであったのに、それすら満足にできていない。
 そもそも、日本郵政の社長と鳩山総務相のどちらかの首をすげかえればいいというような次元の問題ではない。(喧嘩両成敗でもない)

 信念のなさと判断力の欠如は明白で、加えて決断力のなさが加わって、麻生総理はまったく指導力のないリーダーであることを、今回も露呈した。
 この体たらくだと、解散の時期はおろか、自身の身の処し方も誤りそうに見えます。せめてこれ位は見込み違いになってほしいと思う。




この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
ユリウス さま
国費削減と民営化された経営者の立場(固定資産税,原価償却)の論理は
分かりました.小生は、かんぽの宿はもともと福祉推進事業の次元から,グリーンピア同様に地方公共団体への譲渡、公共利用、10年間の転売禁止などの制約のもとで対処が望ましいと考えていました.しかし、今の地方行政ではどこも譲渡されたくないと普通なら考えます.果たしてそうでしょうか?オリックスへの売却額なら我が県や市は喜んで買いますよ、福祉事業に役立てますよはないものかと思うことがあります.こんな安い箱ものはないと思うのです.最近の地方行政には、有能な民間専門職(立派な有資格者が増えています)を導入しています.
 ただ、かんぽの宿のみが浮き彫りになっているのはおかしい.特殊法人への天下り削減などほかにやることが沢山ありましょう.
Posted by 奈良のO at June 19, 2009 17:25
奈良のOさま

いろいろの味方があることは否定しません。
が、小生はそういう見方はしません。(大嫌いです)

簡保の宿が飴に見えますか? 
過剰人員を抱えて、50億円/年の赤字の垂れ流しで困っているのはだれですか? 
余剰人員をおしつけられて、人(あんまり働きそうにみえない)と利用価値の低い設備をもらったらどんなに大変か、経営者なら分かります。(政治家や庶民は分かりません)

100%の株主は国(総務相、国民)なので、経営センスがあれば、この不良債権を一刻も早く切り離すべきなのです。
会社は民間の保険会社になるのですから、ホテル業を営むことはリスク遮断の観点から、明らかに違法行為になります。(保険会社でホテル業をやっている会社はわが国にはありません)

簡保の宿は不便な田舎や立地条件が悪すぎて、ホームや介護施設に生まれ変わったとして、そこに誰が行くのですか? あなたは入りたいですか? 
また、赤字になるのは火を見るよりも明らかです。

ですから、鳩山元総務相や麻生総理は
1 郵政のあるべき姿を示し、現在の郵政の何処が悪いのかハッキリ示すべきでした。
2 不正があるのであれば、法に基いて処理をしたら済む話です。
3 鳩山元総務相か西川社長か、どちらかを止めさせるという問題ではなかった筈です。
首相の判断は政権維持のために、鳩山元総務相を切ったのです。これは明らかに誤まった判断でしょう。(二人は同じ穴の狢ですけど)
 
Posted by ユリウス at June 18, 2009 23:51
たびたび、つまらぬ意見お許し下さい.
鳩山の乱で最も不可解な表情が伺われたのは、竹中平蔵氏であった.
何か痛いところを突かれたかのような感じが見受けられました.
元小泉首相をとりまく連中(ボスはいる)にかんぽの宿という飴を蒔いたと察せられます.小生や身近な知人は、かんぽの宿は厚生省に移管して,老人ホームや介護施設の構築に活用できるのではなかったかという意見です.麻生総理の巨額補正予算になんら問題なくできる要素と考えます.元小泉総理には裏があったとおそらく国民の多くが懸念していると察せられ、これが最も自民を危うくする要因を鳩山氏が起こした(本人は正義、確かにその見方もある)ように思えてしかたありません.もともと郵政民営化反対であったのは麻生総理だけでなく造反組がありましたから.最も悪い奴は誰か!造反組だけでなく国民多数が察していると考えます.本ブログの発進力は強いので、読者からのご意見も聞きたいのですが.

Posted by 奈良のO at June 18, 2009 21:36