June 02, 2009

ボグダノフ氏が来塾

 「第30回世界アマチュア囲碁選手権戦(静岡大会27日〜30日)」に役員として出席していたロシアのボグダノフ氏が、大会が終了するや西下して、31日、「いきいき塾」を兵庫県のTさんと訪ねてくれた。彼はロシアの強豪で第18回大会では第8位に入賞した実績を誇っている。数年前に脳梗塞か脳血栓かの病気が発症し、碁の力は2子ほど低下したらしいが、懸命のリハビリもあって徐々に体力も囲碁力も回復傾向にあるという。

 それもあってか、IGF(国際囲碁連盟)の理事の重責も引き受けたそうだ。今後の活躍に期待したい。

対局中のボグダノフ氏(於いきいき塾 by iPhone)
バグダノフ氏

 まだ、足にマヒが残っており、杖にすがっている姿は痛々しいけれど、ご本人は碁が打てて満足そうであった。



 碁の世界は狭い。翔年はボグダノフ氏と最初はアメリカで、次はTさん宅で、そして今回はいきいき塾でと10年ほどの間に、もう3回も顔を合わせている。情報交換したら、共通の知人もいることがだんだん分かってきて楽しかった。

 彼自身、来日は7回目。東京や大阪の大都会だけでなく、今回は日本の田舎を楽しむ積もりだそうだ。Tさんが彼のために色々考えてくれているので、きっと又新しい日本の何かを発見し、楽しんでくれるだろう。




第30回大会の成績は次のとおりだったそうです。
優勝 Yoging HU(中国)
準優勝 Shin-Hwan YOO(韓国)
第3位 Nai San CHAN(中国香港)
第4位 Kng-Ting YEH(中華台北)
第5位 金沢盛栄(日本)
第6位 Jia Cheng TAN(シンガポール)
第7位 Laurent HEISER(ルクセンブルグ)
第8位 Thomas DEBARRE(フランス)



この記事へのトラックバックURL