May 26, 2009

日本赤十字社の社員募集は本来誰の仕事なの?

 今年度一年間、翔年は540世帯の自治会の会長を務めることになった。何処の自治会でもそうだときいているが、役員のなり手がない。なぜなら、従来のいきさつもあって、なにやら、かにやら、自治会の仕事が過去の実績踏襲という形になっており、役が当たれば相当の負担になるからである。翔年は今までに「組長」や「班長」など、組織下部の役割を果した経験はあるけれど、役員は初めてである。

 会長を引き受けるに際して、自分のスタンスをこう決めた。
1 自治会活動をできるだけ楽しくやる
2 時代にマッチした自治会活動を目指す。
3 安心して暮らせる街つくりに貢献する

 摩擦をおそれず、是々非々主義でやる決心です。


 自治会の仕事をできるだけ簡素化し、地域住民に喜ばれることを大きな負担なくやろうという気持ちを固めていた所、早速、変な仕事(自治会にとって)が向こうからやってきた。


日赤1

 それは「日本赤十字社の社員募集」と言う業務である。
 
1 仕事の依頼はどこから?  誰宛に?
 「高槻市赤十字奉仕団」から来た。(実際にたくさんの資料を自宅に届けてくれたのは、ボランティア活動の人達だった)
 あて先は「各町分団長」様となっている。翔年は分団長ではない。

2 仕事内容は?
 当自治会会員540世帯に「活動資金にご協力ください」と各戸をまわり、「社員加入確認書」に名前をリストアップし、500円以上の拠出加入者には一人ずつ、赤十字社の21年度の社員証と領収書を発行し、拠出金は自治会でとりまとめて、日本赤十字社大阪府支部へ送ることだという。

3 日本赤十字社と自治会の関係はどうなっているか?
 直接の業務依頼や委託関係は一切ない

4 高槻市赤十字奉仕団とは?
 送られてきた資料に「赤十字に関するお問い合わせ・連絡先として、
事務局/日本赤十字社大阪府支部高槻市地区高槻市赤十字奉仕団(高槻市社会福祉協議会 福祉課内)」とあるので、早速電話で問い合わせた。

Q1 あて先の分団長とは誰か?
A1 自治会長さんです。

Q2 誰が決めたのか?
A2 お役人特有の物言いで、ぬらりくらり。いくら聞いても小生はさっぱり理解できませんでした。こんな単純な質問に答えられない「問い合わせ先」もあるのですね。

Q3 日赤の社資募集運動の責任者はどこか?
A3 社資募集事務は社会福祉協議会がやっている。

 まぁ、暖簾に腕押しとはよくいったもので、ぬらりくらり。ようするに返答は「昔からの経緯で、自治会で募集と拠出金集めはやってもらっています。どうかよろしく」というだけで、何の根拠も示さない。示せない。

日赤社資募集事務の手引き(大量の資料が送られてきました)
日赤002 


 筋の通らない仕事を自治会員に強いることはできない。これでは「そもそも論」をやるしかあるまいと直感した。

1 「日本赤十字社」とは?
 日本赤十字社は、1952年に制定された日本赤十字社法(昭和27年8月14日法律第305号)によって設立された認可法人。社員と呼ばれる個人参加者の結合による社団法人類似組織である。日本において赤十字活動を行う唯一の団体。
 名誉総裁は皇后美智子、名誉副総裁には、代議員会の議決に基づき、各皇族が就任している。代表者である社長は近衞忠(旧公爵近衛家当主)。
日本赤十字社の基本精神は人道、公平、中立、独立、奉仕、単一、世界性である。
→ と立派な事をいいながら、「日本赤十字社大阪支部」作成のチラシには「自治会役員が各家庭を訪問し、社員加入をお願いしています」とこちらの知らんうちに、自治会長がやらなければならない仕事を勝手に書いている
 翔年は赤十字社が国際的なものから、献血運動など身近なものまで、幅広い活動をしていることはよく知っている。若いときは献血にも毎年していたから、献血手帳は一杯、今も手元にあるし、現に今も赤十字社社員(500円以上拠出)でもある。赤十字の役割は十分理解しているつもりであるが、社資募集活動は自治会との関係はどこまでいっても釈然としない。筋の通った説明をする人はどこにもいない。

2 高槻市社会福祉協議会
 社会福祉協議会は、住民の福祉向上を目的として、地域住民及び公私の福祉関係機関・団体により構成された、社会福祉法第109条に基づく民間社会福祉団体です。
→ といいながら、高槻市赤十字奉仕団の事務をしますと書いてある。この団体の事は詳しくは知らない。民間の福祉団体のはずなのに、市役所や日赤ともくっついている。福祉団体が何の団体の事務を担当されても結構であるが、自治会に仕事を押し付ける権限はないはず。

3 自治会と日赤との関係は?
 よくわからない。自治会から見ると、なんとなくぼんやりと自治会の上部団体組織である連合自治会と高槻市赤十字奉仕団がつながっているようにに見える。この二つの団体は、自治会が赤十字の社資の募集に協力するのは自明のこととしているみたい。

 要するに、日赤社資募集運動の具体的なやり方は詳しく教えてくれるけれど、社資募集の責任者は誰で、どうして自治会が日赤の仕事を分担しなければならないのか? は結局分からずじまいです。


 ようするに悪い言い方をすれば、日本赤十字社は『諸活動を実施していくための事業資金は、日本赤十字社の社員(個人社員と法人社員があります)から拠出される「社費」と、広く個人や法人ある いは団体などから寄せられる「寄付金」がその主体となっています。(「社費」と「寄付金」を総称して「社資」と呼びます)。
「社員」は、社業遂行の原動力であり、日本赤十字社の組織の根幹であります。』と言っておきながら、その実、「社員集め」と「社資」集めという組織の根幹は日赤ではやらず、依頼や委託など筋を通したことは一切せに、何の関係もない自治会に仕事を丸投げしている。

 何度も言いますが、高い理想を掲げていますが、その組織の根幹は昔からやっているからという理由で、自治会におしつけている。少なくともわが自治会はそうなっている。自治会長は赤十字社と何のつながりもないにもかかわらず、分団長をおしつけられている。誰が自治会長を分団長と決めたのかも分からない。こんなバカな話はない。

 こう考えてくると、できるだけ自治会の負担を軽くしようとするかぎり、この仕事はお断りせざるをえない。仕事に筋を通すことを怠る団体に組織として協力できません。(もちろん、個人としては従来どおり、赤十字社とおつき合いするけれど)
 

 電話だけでは意をつくせないので、近々、社会福祉協議会に出向いて、責任者に面会を申し込んで、もうちょっとシッカリした返答を得たく思っている。

 もし、読者で、これまでのところに翔年が事実誤認とか思い違いをしていると気づかれた方がいらっしゃれば、それをご指摘いただければ幸いです。よろしくお願いします。


(6/4追記)今までの所、三人の方から「お前の言うとおりだ」という励ましの言葉をいただきました。




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mtmt0414/51826626
この記事へのコメント
島根県の片田舎で今年から自治会長をおしつけられてしまいました。
日赤のやり方については、翔年さんと同じ思いです。
社協のやり方もひどいもんです。
ここは年寄りばかりでまったく言いなりですが・・・

翔年さんと同じように、少しでも現状を発信していこうと思っています。
Posted by さていくぞう at June 06, 2009 16:41
さていくぞう様

同じ思いの方がいて下さって心強いです。
私の方は今夜の班長・幹事会で日赤の「社資」集めは自治会の仕事にあらずとして、今年はしないと決めました。
これからも、自治会の仕事は是々非々主義でいくつもりです。
自治会独自の考えがあってよいのだと信じます。

あなたのBlog、ちょっと拝見しました。社資を700円と決めて集めること、赤十字証を渡さないことなど、考えてみると不正の温床になりかねませんね。

今後ともよろしくお願いいたします。


Posted by ユリウス at June 06, 2009 22:48
我が地域では 婦人会が集めています。
  (趣旨とは ずれたは発言になると思いますが 聞いてください)
しかし 婦人会に加入している人の住所には偏りがあり 全く婦人会の人がいない区画があります。そんな場所は婦人会の人がその区画の人に委託しているようです。
日赤社費を集めると婦人会に還付金が頂けるようです。
還付金は 全世帯数と集金世帯数の割合で決まるみたいです。

日赤の表向きの顔は 500円を支払えば社員になります。ですよね?
婦人会の人は「災害などで被災した時に援助物資をする団体が日赤。日本の全世帯が加入することが望ましい」と言っていました。話しの流れから 日赤の裏の顔ぽく感じられました。
昨年と同じ額の金額と名前が書かれた領収書を預かったので集金に回らなければなりません・・・ 集金に回る領収書の最低額は650円。650円が最低金額だと思っていました。
 ふに落ちないことだらけです
1 募金に最低額が決まっていること
2 還付金の存在
3 還付金を貰う婦人会とは関係ない人が集金すること

はー 気が重いです。
ちょっと?違う話しになってしまって ゴメンナサイ。
Posted by かいえ at June 18, 2009 10:32
かいえ様

地区の状況とご意見、ありがとうございました。
日赤は「社資集め」さえしてくれる組織ならどこでもいいのです。地域の住民と緊密な連携があり、特に全戸を廻れる足腰がシッカリした組織ならいうことなしというわけですね。

>ふに落ちないことだらけです
同感です。
日赤の正式資料では
1 募金の「最低額」はきめていません。500円以上の募金に応じたら「社員」になりますが、寄付金として協力する人はいくらでもいいことになっています。
2 「還付金」についての記述はありません。小生の一番嫌いなところです。知恵者が頭を働かせれば、いろいろ都合のよいことが可能になると思います。(責任者がいないのですから、不正も簡単にできるでしょう) 

日本赤十字社はこのことに関して、根本的な改善をするべきと考えます。
Posted by ユリウス at June 18, 2009 11:27
色んな面での改善が必要ですよね。
善意のお金なんですから・・・
Posted by かいえ at June 18, 2009 12:32
私も今年の四月に自治会長になって最初に疑問を持ったのが日赤社費の集金でした。
調べると社費は自動引落としでも良いようなので、来年からは「日赤社員」になりたい方には自動引落としをお願いし、自治会としては社費集金は実施しないことにしたいと考えています。
そうすれば社員章や領収書の配布など、あまり意味の無い煩わしい業務を避けることができます。

こうした場合の留意すべき事項について日赤に文章で問い合わせていますが一向に返事はありません。
日赤が誠意を示すのであれば、また自治会の皆さんの要望があれば通常の寄付活動は自治会として何らかの支援をしても良いかと思っております。

当自治会では地元神社への寄付金も自治会を通して集金(一応は任意)しています。
ところが「自治会活動マニュアル」(当地連合自治会発行)では「信教の自由を考慮し自治会とは別組織で行う」となっているので来年からは集金を止める方向で提案します。

「自治会の仕事をできるだけ簡素化し、地域住民に喜ばれることを大きな負担なくやろう」全くその通りです。
これからも時々お邪魔します。
Posted by 新米自治会長 at June 20, 2009 23:36
新米自治会長 さま

実際の状況とご意見、ありがとうございました。
さていくぞう様、かいえ様、新米自治会長様のコメントによって、このBlogの読者も、日本赤十字社の社資集めなど一連の業務が、不明朗なものであると理解されたと思います。

小生も新米です。
時々、情報交換できたらありがたいですね。
またのお越しをお待ちします。

Posted by ユリウス at June 22, 2009 12:36
前回のコメントで、「日赤社員になりたい方には自動引落としをお願いし、自治会としては社費集金は実施しないことにしたいと考えています」と書きました。
このことに関して日赤に問い合わせたところ次の回答がありました。
「自動引落としは自治会に加入されないアパート住人などを対象にした支援方法なので、自治会は(この方式ではなく)従来通り(自治会による集金)でお願いしたい」とのことでした。
さて、ユリウス様、皆様はどのように感じられますでしょうか。
私としては日赤支援方法について、自治会の皆様の意見を聞くことにしたいと考えております。
Posted by 新米自治会長 at July 03, 2009 21:30
新米自治会長 さま

小生も新米自治会長(たいていの自治会長は新米らしいですね)ですが、社資集めの仕事を委託されたのなら、実施するかしないか会員の皆様に諮るのが筋かと存じます。

我が自治会の場合、
1 日赤から仕事の委託はうけていない。
2 本年の自治会の仕事にするかどうか? が問題でした。
3 私の基本的考えを役員10名(会員533世帯)に諮って、自治会の仕事にはしない(労力の軽減を優先)ことに決めました。
(ご参考までに)
日赤の社資募集とは全くの別件ですが、高槻市社会福祉協議会から自治会長宛に、住民会員、一般賛助会員、寄付を自治会で取りまとめるよう要請がありましたので、自治会の仕事として実施します。これによる還付金は盆踊りなどの費用に使います。
Posted by ユリウス at July 03, 2009 22:03
確かに様々な寄付に対して還付金と言うのが返ってきますが、これも良く分からないお金です。
寄付はある目的のために集められたもので、還付金がその目的に合致する、例えば高槻市の場合盆踊りが社会福祉協議会の行事であれば問題は無いのですが、合致しない自治会活動費に使われることには違和感を感じます。
細かいことに拘りすぎでしょうかね。

ついでに、最近「市からの事務委託料」として3万円弱が自治会上部組織の会計から私宛に届きました。市からは8万円強が支払われているが、約5万円は自治会長の研修旅行=温泉旅行に使うので、残りを各自治会長に渡すとのことです。
「事務」とは何かと尋ねると、「組回覧とポスター掲示」とのことです。
組回覧で一番ご苦労をかけているのは組長さんなので、組長さんにこそ支払われるべきものと私は考えています。
皆さんの自治会では、この種の「市からの委託料」のようなものはあるのでしょうか、またあるとすると、それはどのように使われているのでしょうか? 当自治会では従来は自治会長が個人的に「市からの謝礼」のつもりで受け取っていたようです。
因みに当自治会規定によると自治会長は2万円、会計は1万円、組長は8千円が毎年謝礼金として自治会の予算から上記とは別に支払われます。
Posted by 新米自治会長 at July 15, 2009 15:41
新米自治会長さま

 社会福祉協議会の事業は多義に渡っているので、地域住民の福祉向上に役立つものに使うなら問題はないようです。
 当市の協議会も当自治会も、募金の管理と収支報告は従来からキチンとなされています。(特に問題は感じません)

 当自治会は市から包括的に事務を委託されていることはありません。自治会は市の下部機関ではないので、回覧はあくまで自治会の判断で適宜おこなっています。
このように筋はきちんと通しておきたいと思います。

 日赤の社資募集の資料を返却しようとしましたが、高槻支部からは自治会で処分せよと言われました。赤十字社印の押した大量の領収書や社員証等があるので、悪用しようと思えばできます。ハッキリ言って杜撰な管理です。(あきれるばかりです)

Posted by ユリウス at July 15, 2009 18:42
日赤の義援金等の収支報告には疑問を持っていました。
勘違いしないで下さい。
私も日赤社員で募金もしますし、婦人会の方の街頭募金、NHKの義援金など積極的におこなってきたとおもいます。
ただ、収支報告やバランスシートなどの公開が無く。
災害の為、どこにいくらのお金が必要でした。どこにこんな物資を送りました。ぐらいで詳しく報告されません。
昔から継続しているだけの理由で、徴収するのは限界だと思います。
Posted by 物申す at September 15, 2009 11:02
ご指摘どおりです。
日赤の義援金には疑問を感じていました。
例えば、海外のどこどこに地震が発生します。
そこで集まった義援金はそこでしか使えません。
災害が落ち着いた後は、学校建設などインフラ整備の協賛はいいのですが、日赤の視察旅行を名目に、ぞろぞろとスタッフの観光旅行まがいも頻繁です。また、幹部は海外で豪勢な生活も。。。
Posted by じじい at October 28, 2009 09:42
じじい様

ご意見、ありがとうございます。
掲げている目標は高いし、活動もシッカリやっている。
ただし、下部機構はムチャクチャです。
全国の自治会がそのことに目覚めたら、組織は瓦解するのではないでしょうか。
上層部はそれを認識しているのかどうか?
Posted by ユリウス at October 29, 2009 23:42
2011年5月14日から22日日赤社員募集強化月間と称して
分区長の依頼と自治会長の指示書(戸別訪問など)日赤の
依頼を協力の依頼ではなく、命令書のようなものできました。
今年度は自治会の班長が輪番で回ってきて、家内に代わって
夫である私が班長をすることにして、初めて日赤の募集を
自治会が手足のような使われ方にびっくりした次第です。
昨夜の班長会議で、なぜ自治会が日赤の勧誘・集金業務を
やらなければならいのですか? と会長に質問したところ、
今までずっとやってきたというのみ。厚労省から地方自治体
、市町村、町内会、自治会に指令がおりてきて、国の機関で
ないと言いながら、日赤に厚労省からの副社長以下幹部の
天下り、窓口は各福祉協議会内にある。班長はボランティア、
運営・経営は高給取り、これで自治会がなぜ協力するのでしょうか?
仮に自治会で戸別訪問を議決しても、私はこれは自治会と関係ない
活動なので班長は拘束されない。特に戸別訪問はしない旨宣言
しました。日本は横並びが好きな社会で斑によってやり方が
違うのはよくないという意見もありましたが、募金・寄付活動に
自治会が議決するのがおかしい話で止める議決は有効だと思います。
今ちょうど募集期間なのでこれを読まれたらご意見をお聞かせ
ください。
栃木県 岡田


Posted by 岡田 徹 at May 15, 2011 18:33
岡田 徹 様

日赤の社員募集と自治会活動は直接つながる業務でないことは明白と思います。当地の自治会は一昨年、日赤の社員募集はやらないと決め、実際にやりませんでしたが、どこからも文句はきませんでした。(当然のことですね)
ただし、自治会が(日赤など他の団体から)募集業務の委託を受けているのでしたら、ちょっと別の議論になると思います。

また自治会の中の班の別行動については、僕はコメントできません。それはそれぞれの自治会の中で、よく話しあってお決めになったらいいことだと思っていますので……。



Posted by ユリウス at May 15, 2011 22:49
ユリウス 様
早速のご返事ありがとうございました。
斑の中で反乱者を出したことで、苦々しく思っている
人もいるでしょうが、幸い会長から次の募金の時は
事前に皆で話し合いましょうとのことでした。
一応反乱を黙認された形となりました。
自治会が委託を受けているかどうかは会長の説明ではなく、
だれかがどこかで委託料をもらえるのかとの質問にも
無回答でした。

 岡田


Posted by 岡田  at May 16, 2011 15:38
岡田 さま

よかったですね。
でも、おっしゃるように、あなたの反乱は黙認されただけ、かも知れませんよ。(例年はまた会長が交代するかも…)
あなたの主張が来年の自治会の話し合いで、みなさんの賛同が得られるよう期待してます。

日本赤十字社の理念やグローバルな活動は立派です。それに反して、誰もキチンとした説明をしない下部組織(足腰)は一体どうなっているのでしょうね。
Posted by ユリウス at May 16, 2011 17:22
当番制で今年より町内の実行組長を引き受けましたが・・・。
さっそく、下記集金依頼が、

赤十字活動資金(日赤社費)募集のご協力お願いいたします。
東日本大震災の復興に役立っております。
金額は1戸当たり800円です。

地区名 ・・・・・
6月末日まで集めて公民館又は地域民生委員・地区社会福祉協議会役員
さんまでお届けください。
連絡先 ・・・・・・・・・・・

当方の役目、役割は何か?、これを引き受けるべきか、集金すべきか?、

TELで聞くことに・・・
今まで婦人会が云々が・・、婦人会からの引き継ぎ・・、
もちろん任意ですね、
そうです、
800円集金(金額的に強制になってる・・・)
過去から金額は決まっている・・。
ああ〜・・・・ゆっくり考えて判断しよう・・・独り言?。
Posted by yokota at June 11, 2011 11:14
yokota 様

レスが遅くなってしまって申し訳ありません。
どこの地区も似たようなことですね。
大事な仕事の依頼なのに、何故か依頼は誰がしているのかハッキリしません。
金額の固定は赤十字社の方針ではありませんね。(ハッキリ言って間違っています)

>ゆっくり考えて判断しよう
どのような判断をされたのか気になります。

Posted by ユリウス at June 16, 2011 11:33
私は今年度から自治会長になりました。
早速今日、日赤社資募集協力の依頼が来ました。
来ましたって言っても、私の留守中にポストに入れられてたんですけど…

ここを見て、金額にバラツキがあることを知り驚きました。
うちの町は500円です。なんで違いがあるの?
つか、自治会が集金業務をしなければならない説明を受けてない。
自治会がやったら、半ば強制みたいなもんじゃん。
誰が寄付してないか知られてしまうし…

来月の班長会で
 「寄付したい人は、振り込みでしてください」
って説明しよう。

文句があったら、自治会長解任してくれ(^。^)y-.。o○

Posted by もみじ at April 25, 2012 18:55
もみじ様

自治会長のお役目、ご苦労様です。
日赤の募金は金額は決められておりません。いくらでも受付してもらえます。ただし、500円以上だと応募者は社員となり社章が発行されます。
でも、この業務を自治会に依頼する組織がありません。依頼した責任者が誰なのかも分かりません。
この記事は3年前に書いたものですが、日赤は未だに改善していないようですね。
当自治会は個人の振込みにして3年経ちますが、どこからも異議の申し立てはなく、誰からも苦情がなかったことを申し添えさせてもらいます。

Posted by ユリウス at April 25, 2012 23:16
ユリウス様
静岡県沼津市で婦人会長を今年やることになったものです。うちのところはひどいです。社費募集だけならまだ許せるのですが(ほんとは許せないですが)地区の連合自治会と沼津市と日赤が裏でつながっていて、色んな仕事をさせられています。日赤分団長会議が基本 月に一回 (受付を他の町内の分団長と一緒に抱き合わせでやらされ、さぼれないようにしている。もちろん出欠席を取る)日赤 結核予防婦人会会議 (2名要出席)文化センターにて日赤社員増強月間説明会(1名要出席)文化センターにて 市赤十字奉仕団 総会  文化センターにて (1名要出席)日赤社員募集(社費500円以上を払ってもらい、領収書を発行し、門票を配ってお金をまとめて名簿と一緒に市の福祉課に提出)献血ルーム奉仕 (当番町6町各4名)市内施設めぐり (2名要参加 一人2,500円助成金より支払い)古切手、使用済みカードの回収随時 市内公園清掃奉仕(当番町2町で15名) 救急法短期講習会 (何名かは未定)複十字シール募金受付&集金 レントゲン検診の受付 赤い羽根、クオカード、図書カード注文受付&集金 校区祭、踊りの練習(2日間 婦人会は全員要出席)校区祭 婦人会長は来賓のお茶だし 他の婦人会員は踊りを踊る 赤い羽根共同募金受付&集金 秋祭りで自治会別のバザー ↑のバザーと別の連合自治区のバザーの為に値付け、バザー用品の配置(前日) チャリティバザーで売り子後片付け
Posted by 新米婦人会長 at May 18, 2012 02:11
(つづき) 歳末助け合い運動協力 元日の朝4時から おしるこなどのふるまいの手伝い  市長と語る会(新年会)に婦人会長要出席 6,000円
日赤奉仕団役員新年懇親会(2名要出席) どんどん焼き(当番町9町内)
ミシン奉仕(雑巾を新しいタオルを4つ折りにして縫ってくる 買ったものはダメ)支部反省会(2名参加)とこれだけの仕事をほぼ強制的にやらされています。あまりにひどいので、自治会や地区の日赤役員に文句を言ったら、それから個人的にバッシングもされていて、頭にきています。婦人会の解散をしたく動いていますがそれも圧力をかけられてなかなか進みません。女性の9割は私を支持してくれていますが、市の日赤役員をしている老婦人が町内にいること、連合自治会の副会長もいることから、この先の婦人会役員への圧力が心配です。ほんとに沼津はほとんどの地区がこんな感じであきらめて上の活動をしている状態です。自治会長会長がきちんとしている自治会は少しづつ日赤分団を組織しないようにしているところも出てきていますが。日赤の体質はまったく3年前と変わっていないので、ノーといえる勇気が自治会にあるかどうかで変わってくるのかなとも思います。頭が痛いです。
Posted by 新米婦人会長 at May 18, 2012 02:12
新米婦人会長様

あなたの婦人会は何を目的とした団体なのでしょうか?
会則に日赤ボランティア活動が入ってないとすれば、あなたの婦人会は日赤の下請け組織のように僕には見えますので、全く酷い状態にあると言わざるをえません。

婦人会は任意の団体なので、地域によっては組織がないところもあるし、あっても全家庭の婦人が入っているわけではないでしょう。
日赤の仕事を受けるか受けないかは、あなたの婦人会が自主的に決めることが許されると思います。任意の団体に仕事を押し付ける権利は誰にもありませんから。

色々としがらみがあって大変でしょうが、筋を通してスッキリした解決をされますよう、陰ながら応援しています。



Posted by ユリウス at May 18, 2012 23:20
ユリウス様
ありがとうございます。私が心配したとおり、自治会長会長から妙なアンケートが送られてきて、婦人会役員を一人一人潰しにかかっているようです。婦人会役員会としては町内三役の立会い無しでも婦人会総会をとにかく開けるように準備中です。ほんとに筋の通らないことばかりで、自治会って一体何のためにあるのだろうと疑問に思います。応援ありがとうございます!やれるところまで頑張ってみます。
Posted by 新米婦人会長 at May 21, 2012 17:19
新米婦人会長様

婦人会総会に町内の三役が立ち会うとは一体どういうことなのでしょうね。僕には理解できません。通常あり得ないことではないかと思います。

3年前に、このエントリーを書いてよかったと思っています。何故かといいますと、毎年この時期(5月中旬〜下旬)、左欄の過去の人気記事のトップに日赤が踊りでます。3年前の記事が一ヶ月に274人(9人/日)も読まれているのは異常です。それだけ自治会長さんや婦人会長さんが悩まれているのだと思います。
この原因の第一は、日赤が旧態依然の筋の通らない社資集めを押し付けているからだと推察できます。その先に市や連合自治会が、筋を通そうとする自治会長さんや婦人会長さんに圧力をかけているからに他なりません。
末端の社資集めを実行する方々が声を上げない限り、この問題は解決しません。
婦人会長さんは大変でしょうが、何とかいい方向に向かうようご尽力いただきたい気持ちです。ご健闘を祈ります。

Posted by ユリウス at May 21, 2012 23:53
小生今年始めて自治会長になりました。過去組長等の役は引き受け10年くらい活動した経験はあります。
 区役所、連合自治会、社会福祉協議会、日赤等々、自治会・町内会を都合の良い集金組織、または下部組織と見做しているように感じています。連合、社共とも同じ人が長い間兼務しており、会計処理についても、使途がよく分からず多くの疑問を感じます。やらなくても良い「事業」が殆どではないかと思います。日石社資も貴殿と同様に考えます。
Posted by 横浜 武蔵 at July 04, 2012 14:46
横浜 武藤様

あなたの感じておられることはもっともだと思います。ほとんど同感致します。
新しく自治会長になられた方は大抵この問題に疑問を感じて悩まれています。
集金業務を返上した自治会があちこちででているはずですが、どうも日赤のトップにこのような動きが届いていないのではないでしょうか。上部組織に情報が上がっていくパイプが詰まっているのでしょう。
日赤内部から何の改革もなされず、旧態依然ですね。困ったものだと思います。

Posted by ユリウス at July 09, 2012 01:04
ユリウス様
 早速の返信有難うございます。
やや飛躍した言い方かもしれませんが、現在の我が国の政治的混乱、教育、実業、その他殆どの「**界」における無責任、嘘つき体質等のみっともない有様は、足元や身の回りの不正(不整)を正す努力を怠ってきた事に起因するかもしれないと思います。

 今後ともよろしくお願いいたします。
              横浜 武蔵
Posted by 横浜 武蔵 at July 13, 2012 13:54
横浜 武藤 さま

同じような思いを禁じえません。
残念ですが、社会のどの部分をとっても、大らかで、清新な気風はほとんど見られなくなりました。
外国人からは、被災した日本人の忍耐強さや助け合い精神を賞賛されるのですが、被災直後なら兎も角、もう1年半が経とうとしているのに、未だに瓦礫の山がそのまま放置されている現状では、恥ずかしさが先にたちます。

おっしゃるように、家庭、学校、地域社会など、身近なところで不正を正す日本人の自浄作用がほとんど期待できないのは大問題です。
青臭いと言われようと何と言われようと、長いものには巻かれることを拒否し、あらゆる場で不正や悪と戦っていくことが必要なのではないでしょうか。

ささやかですが、Blogで発信し続けたいと思っております。
横浜 武藤様のご健闘を祈っております。
Posted by ユリウス at July 13, 2012 22:20
ユリウス様
ほんとにご無沙汰しておりました。ご報告が遅くなって申し訳ありませんでしたが、うちの婦人会、その後なんとか解散にこぎ付けました!去年は色々妨害にあって、精神的に疲弊した年でした。。日赤との悪しき関係は完全に清算する事はできなくて、中途半端な感じは否めないですが、婦人会が解散した事で、今までの活動を一つ一つ見直してやらなくていいものはやらないようにできるかと思います。ユリウス様にはご助言ありがとうございました。本当にこのブログは力になりました。
Posted by 新米婦人会長 at May 05, 2013 04:39
新米婦人会長さま
お久しぶりです。従来どおり何も考えずに踏襲するのは楽ですが、ちょっとでも改革しようとするとなかなか大変ですね。いい方向に動き出したと聞いてほっとしました。ご苦労様でした。
いずれ日赤幹部も下部構造の問題に気がついて、改革してくれると思っています。
Posted by ユリウス at May 05, 2013 17:46
まったく同感です。日赤一度寄付すると。社員で前年度の寄付金名簿が送られています。寄付で名簿公表は問題です。
Posted by 森さん at May 23, 2013 16:17
 戸数1500軒くらいの町会です。「順番だから」と言うことで今年初めて町会議員にされまして、いただいた役が「募金担当」でした。
 募金の内容は、緑の羽、日赤社費、赤い羽根、交通災害共済、の四つです。
 
 日赤社費の集金、一般寄付、社員募集、は皆様の自治体と同じように「どこから依頼されたのか分からない」状態で、資料がどっさり来ました。
 議員引継ぎの時点で前任者から「一人でやるのは大変ですよ」とは言われておりましたが、マニュアルに従い「町会ブロック長」→「自治組合長」→「班長」の順に指示書を添付して出発しました。
  
 色々な問題が発生したりしながらもなんとか形になり、届け先である「市の出張所」に持ち込んだところ「はい、ご苦労様でした」と渡された領収証を見ると「受取人が社会福祉協議会になっているのです」不審に思い「日赤の領収ではないのですか」と尋ねると「あとから送られてきます」の一言。

 依頼主=不詳(町会長に聞いても知らない、と言われた)
 集金業務=町会
 持ち込み先=市の出張所
 受け取った人=出張所の職員
 領収印=社会福祉協議会

 とどこにも「日赤関係者」は見当たりません。

 現在、町会四役で「日赤社費及び一般寄付を町会で行うことの是非」を検討中です。
Posted by 順番で町会議員 at October 25, 2013 06:13
順番で町会議員 さま

お役目、ご苦労さまです。
依頼主(責任者)が何処の組織の誰か分らない仕事があるとはこまったことです。それもお金を扱う仕事ですから、キチンとしたいですね。
善意のお金を不正なく責任をもって集金することがたいせつと思います。
みなさんのお話から、募金額を根拠なく決めていたり、還付金があったり、募金者の名簿が回覧されたり、日赤の本来の募金活動にないものが紛れ込んでいるケースが多いと思います。これを正そうにも、依頼者(責任者)が分らないので、ただしようがありませんね。
よろしければ、検討の結果を教えてください。この件は多くの読者が関心をもっておいでですから。
Posted by ユリウス at October 25, 2013 10:13
 ユリウス様

 次回の町会議会が11月初旬にありますので、その直後あたりに四役会が行われると思います。勿論、言いだしっぺの私も参加いたします。

 議題を発生させる根拠等はプリントにして四役には手渡してありますので読まれていれば夫々内容は把握されていると思います。
 ただ、その四役会では結論には至らないと思います。
 検討課題には、日赤の係りの方への「質問事項」もなにがしかあり、四役会→町議会→日赤担当者招聘(質疑応答)→町議会検討→日赤へ結果報告→結論、と、来年度の「日赤社費徴収次期」にやっと間に合うか…くらいの流れになろうかと思います。

 募金金額については「日赤社法」にのっとり(この辺が怪しい)社員は年間500円以上を支払う、ことになっているのだそうです。一般寄付ですと、金額も確定できないため「社員制度」を設けているのだと思います。
 一種の「縛り」ですね。
 
 
 そしてこの「社員」ですが、別の項目に「赤十字Q&A」と言う、いわば被徴収者からの質問に対する「応酬話法」のような箇所があり「社員とは一般に言う会員(構成員)と同じです。社費とは会費と同じに考えてください。」と、ビックリするようなことも書かれています。

 「赤十字の社費の募集に、なぜ町内会の人がくるのですか」との質問には「根拠となる正確な理由」は無く「地域福祉やボランティア活動など地域に根ざした活動をしているから」と「活動をしてあげているのだから募金活動は当然」とはぐらかしています。
 
 いずれにせよ「募金は強制か?」との問いには必ず「決して強制ではなく任意です」と答えているものの、のらりくらりと美辞麗句を並べ立て募金徴収を正当化しています。

 結果がどうなるかはやってみないとわかりませんが、突っ込みどころがかなり絞り込まれてきていますので、期待できそうです。


 
Posted by 順番で町会議員 at October 25, 2013 20:36
順番で町会議員さま

正攻法で取り組んでおられことに敬意を表します。無責任であいまいな押し付けではなく、スッキリした形の募金が行われるように期待しております。


Posted by ユリウス at October 25, 2013 22:00
ユリウス様
私、今、町内会の世話役です。ユリウス様と全く同じことが、今起こっています。社協と日赤(窓口は市役所の福祉担当者)と協議中(理論で戦闘中)です。社会福祉法も日本赤十字社法のどちらにも、町内会(自治会)が活動資金を集める規定などありません。世話役として、町内会単位での日赤社資集金事務と社協会費集めは拒否し続けます。日赤や社協の方で集めるのが筋です。募金や寄付についても、趣意書と募金袋があればよいのであって、最初から募金金額や名簿を添付してくる募金や寄付は受け付けないことにします。どうでしょうか? 日赤社資や社協会費はそれぞれ、個人が納得して会員になるという意思表示があってはじめて、お金を出すものです。今の仕組みでは、町内会長が一戸一戸説明して回って意思確認をして集金、領収書発行、とりまとめて提出するようになっている。いちいち説明など面倒だと思う町内会長なら、意思確認をしないで町内会費から一括提出することも考えられる。その結果、毎年毎年、前年と同じことが繰り返される。同じお金が吸い上げられる。どこかでおかしいことをやめさせなければ・・・。と強く思うこの頃です。
Posted by まっちゃん at April 30, 2016 22:52
まっちゃん 様

まったくあなたのお考えに賛成です。ご健闘を祈っています。
少しでもお役にたちたいと思い、この言葉を送ります。

The most courageous act is still to think for yourself. Aloud.
-Coco Chanel(1883-1971)-
今もなお最も勇気のいる行動とは、自分の頭で考え続けることであう。そしてそれを声に出すことだ。
-ココ・シャネル−

Posted by ユリウス at April 30, 2016 23:17
早速の励ましのお言葉ありがとうございます。改善に努力した方がいるのがわかります。「順番で町会議員さん」のその後は、わからないのでしょうか?
問い合わせはできないのでしょうか?このようなこと(ブログの書き込み)が初めてなので、アドバイスをお願いします。
Posted by まっちゃん at May 01, 2016 09:44
まっちゃん 様

「順番で町会議員さん」のその後がどうなったかはわかりません。このコメント欄はメールアドレス、URLを書き込めるようになっていますが、この方は両方とも記載がありませんから、問い合わせはできません。

最初のこのエントリー記事は2009年5月です。7年も前の記事なのに、毎年春になるとこのエントリーはアクセス数が跳ね上がります。このことから、日本赤十字社は下部構造(事業の根幹である社資集め)に問題があることを認識していない、したがって現在も根本的な解決はなされていないのだと推測しています。


地域ごとに過去の集金の経緯は異なると思います。どんな解決方法にしろ、小生はスッキリしたかたちで解決されることを期待しております。

ちなみに、私の自治会(540世帯)では、2010年に幹部会の判断で集金業務をお断りしましたが、その後どこからも文句はきませんでした。






Posted by ユリウス at May 01, 2016 11:29
「私の自治会(540世帯)では、2010年に幹部会の判断で集金業務をお断りしましたが、その後どこからも文句はきませんでした。」に感動しました。実は、
現在もう一つの疑問点があり、市の担当者と協議中です。それは、市が発行する広報誌のことです。全市民に公平に配付するのが当然だと思うのに、私が住んでいる倉敷市では、最低4軒(4世帯)のまとまりがないと、配ってくれません。それ以外は、公共施設や郵便局などへ取りに行くのです。これはおかしいと思い、倉敷市とほぼ同規模の大分市、宮崎市、高松市に問い合わせてみると倉敷市とは異なる配付をしていましたので、その内容を添付し、改善を要望しているところです。とにかく、前例通りに事を運ぼうとして、悪習に鈍感なお役所を動かそうとしています。ユリウス様のように、540世帯もの規模で、集金業務をしなくてよいことになった前例があることがとても心強いのです。
また、もし、社協の会費について、町内会の集金業務がなくなった事例があれば教えていただければと思います。ご返事ありがとうございました。
Posted by まっちゃん at May 01, 2016 13:46
まっちゃん 様

社協の会費については寡聞にして存じません。

それよりもこの場を借りて、赤十字の父、スイスの慈善事業化デュナンのことを是非書いておきたいと思います。
彼は赤十字社の創立に全財産をつぎ込み、自分の織物業は倒産し、生活に困った。1901年、第一回ノーベル平和賞を受けたが、賞金は遺言によって、家族ではなく慈善に回したそうです。なお、彼の誕生日である5月8日は国際赤十字デイになっています。


Posted by ユリウス at May 03, 2016 00:49
ユリウス様お久しぶりです。私、あれから市の担当者と日赤社資集金のことを、社協の所長とは会費集金のことを、それぞれ町内会の世話役の仕事ではないと拒否して、書類の入った封筒を返しました。その後、「市政への提言メール」を使って、市の福祉課職員が民間法人の会費(社資)集めの一端を担っているのは不適切ではないかと、改善を要望しているところです。とりあえずは、今月15日に町内会員の集まりがあるので、ここまでの世話役のしたことについては、みなさんに報告するつもりです。これからまた、理不尽なことを、町内会の世話役へ押し付けてくるようなことがありましたら、ご援助のほどよろしくお願いいたします。最後になりましたが、いろいろと励ましのお言葉をありがとうございました。
Posted by まっちゃん at May 10, 2016 20:52
まっちゃん 様

筋の通らない仕事の押し付けは良くないですね。責任者からキチンと仕事内容の依頼があってしかるべきです。
その依頼事項を受けるか受けないかの判断は、町内会にあるのは当然です。なおさらお金の絡む事項は責任者間で依頼と受託が仕事として確認されて、不正が入り込まないように厳正に処理されるべきと今でも思っています。
頑張ってください。
Posted by ユリウス at May 12, 2016 11:17