January 15, 2009

空陸両用機 − スカイカー



 引用記事で明らかなように、英国の冒険家で発明家のジャイルズ・カードーゾー(29歳)氏が自身で作った空陸両用機(スカイカー)で、今日(日本時間)ロンドンから6000Kmの旅にでるそうだ。目的地はサハラ砂漠のティンブクトゥだとか。夢のような乗り物によるワクワクするような冒険だ。

 翔年はこのような冒険は大好き。古くはアムンゼンの南極点を目指す冒険から、もっとも身近に感じた1962年の堀江謙一氏の太平洋単独横断とか、冒険家のl活躍に何故かワクワクする。周到な準備をすすめて、誰もやらないことに挑戦する(失敗する確率は高いにもかかわらず)勇気に敬服する。人に迷惑をかけてはいけないという信条の持ち主には決してとれない行動だ。

 それにしても今回の旅程はむずかしいコースをとる。砂漠だけでなく、ピレネー山脈や海峡もあるから、相当な困難が待ち受けているように思う。

 無事の成功を祈る。





 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mtmt0414/51729985