December 10, 2008

悪魔のようなことを考える − 目先の善行に黄信号?

 前のエントリーのコメントのレスに『本質的に、福祉事業はボランティア精神を必要とする分野だと考えます。そこへ社会の要請によって、行政がお金を出して福祉事業をやってもらう(肩代わりさせる)ようになると、本来のボランティア精神が薄められてしまうのでは』と書いたところ、いろいろなご意見を頂きました。中には大いに語り合いましょうという、熱いメッセージもあって勇気づけられました。
 福祉に携わっていらっしゃる現場の方々に、痛みが生じているのは間違いないところだし、それを温かい目で見まもって下さっている方々や、福祉事業に何かのお手伝いをしたいという志をお持ちの方も、大勢いらっしゃることが分かって、きつい事を書いた翔年は、ちょっとホッとしました。


 そんな所へ、今度はユニセフから、「あなたの力を必要としている子どもたちがいます」という手紙が来た。

ユニセフ

 3秒に一人, 今この瞬間も失われつつある小さな命。あなたの力で、クラシャ(写真)のような子どもたちに生きる力を届けることが出来ます。


 (財)日本ユニセフ協会からの手紙にはユニセフ(国際連合児童基金)のアン・M・ベネマン事務局長の手紙と日本ユニセフ協会会長(赤松良子、元文部大臣)の手紙が添えられている。それにはアフリカをはじめとする貧しい国々の子ども達の置かれている悲惨な状況が書いてある。その数は驚くなかれ、年間140万人もの5歳未満の子どもの命が失われているのだという。彼らを救うために支援を! と訴えている。

 書かれていることは疑いもない事実であろう。こんな窮状を知って、手を差し伸べないのは心無い人といわれても仕方がない。

 だが、それでも、翔年は「ちょっと待てよ」と立ち止まって考える。
 物事には短期の視点と、長期の視点がある。この窮状を温かい心の持ち主が支援する事によって、140万人の命が救われたとしよう。彼らは15年後には、次々と子どもを授かるだろう。そして地球上は彼らの子どもや孫達で溢れかえるだろう。食糧もエネルギーも地球環境も何一つ彼らに十分ではないこの地球に、人類の人口増加が続くという恐ろしい未来が予想できる。
 ユニセフの行っている人道的支援を長期的視点に立って見ると、何やら寒いものを感じて当惑する。果たして我々は地球規模で整合性のある行動をとっているのだろうかと。

 支援が嫌でこんなことを言っているのではありません。遠い国のことだからと、懐手をして暢気なことを言っている訳でもありません。目先の善意が将来の禍根を招くことにならないのか問うているのです。心配ないといいきれる方はいないのではないでしょうか?
 21世紀は、全ての政策を地球規模で考えて整合性をとらないと、未来に禍根をのこすことは間違いないと確信しています。目先の事は暖かい人々の支援に頼るとしても、本格的な投資は食糧増産、エネルギー節約、地球環境維持、人口抑制に向かうべきだと思っています。


11日(木)

 本日の読売オンラインの記事より。
「国連食糧農業機関(FAO、本部・ローマ)は9日、2008年の世界飢餓人口が昨年比約4000万人増の9億6300万人に達するとの見通しを発表した。
 世界的な金融・経済危機で、飢餓状況はさらに悪化する恐れがあるという。

 飢餓人口はアジアとアフリカに集中しており、インド、中国、コンゴ民主共和国など7か国だけで、全体の65%を占めている。」


→ 地球上に食糧絶対的に不足している状態なのに、食糧自給率が40%を切っていても、有効な政策をとろうともしないわが国は、いずれ世界から非難の目を向けられるでしょう。
 そのときが来てからでは、遅すぎるのです。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mtmt0414/51701749
この記事へのコメント
ぽん夫人 さま

いらっしゃい。はじめまして!
ご自分のご経験に基いたご意見、ありがとうございました。

「飢えている人々に食べ物を」、「病気の人には薬を」というような、与えるものを惜しまない支援は、ちょうど子どもを甘やかしすぎてスポイルするのに、似ていますね。

魚を与える事と同時に、「魚の釣り方」を教えることが必要だと思います。
自助努力を厭わない人が自然に増えてくるような教育活動が大切なのではないでしょうか。
これは富める国、日本でも、今、最も必要な事だと考えます。

 
Posted by ユリウス at December 10, 2008 10:20
全く同感です。
私は小学校の時分にベルマーク、ユニセフへの募金活動真剣に行っていました。あの頃は純粋にこんなに世界の人が支援をしているんだ。今後彼らの状況は改善する方向へのベクトルしか伸びていないと信じていました。各国の支援により命を落とさずにすんだ子供たち。教育も受けられるようになった、問題点の指導、改善する為の知恵もあらゆる分野で手が差し伸べられ田結果かの地の状況が全く変わらないことに違和感を感じています。

あのときの手を十分に差し伸べられた子供たちが大人になったいる今、
状況は大きく変わっていなくてはならないはずなのに
救わねばならない子供の数が一向に減っていないことに
違和感を覚えるのです。

曽野綾子氏の文章に触れるたびにその違和感の正体に気づかされることがあります。

絶望的に不衛生な衛生環境に対して
インフラ設備をしたところで
公共のものを維持するために皆で平等に負担を担うという感覚が無い。

変われるものと変われないもの。

「ワクチン募金」素晴らしいことなのでしょう。
しかしやっている人は曽野氏のような活動を知っているのでしょうか?絶望的な背景を。


膨大な支援とは裏腹にココ数十年人々の意識も実態も変わらないという事実を知ってしまうと
厚化粧で現地に乗り込む黒柳徹子にも首を傾げざるをえません。
Posted by ぽん夫人 at December 10, 2008 05:07