February 24, 2008

びっくり −三浦和義、サイパン島で逮捕

 時事通信社によるとロサンゼルス・タイムスが「ロス疑惑」の三浦和義容疑者を逮捕したと、たった今報じたそうです。

2008/02/24-00:21【ロサンゼルス23日時事】
23日の米紙ロサンゼルス・タイムズ(電子版)によると、米警察当局は22日、ロサンゼルス市で1981年11月に妻の一美さんを銃撃し、殺害した疑いなどで、元会社社長三浦和義容疑者(60)を米自治領サイパン島の空港で逮捕した。この事件は当時、「ロス疑惑」として大きく報じられたが、日本の裁判では無罪が確定している。
 ロサンゼルス市警は三浦容疑者の身柄を同市に移送する方針。同市で裁判を受けるとみられる。市警の未解決事件担当班は、三浦容疑者がサイパン入りするとの情報を事前に入手し、サイパンとグアムの地元当局と共同で捜査を進めていたという。


 びっくりして"Los Angeles Times"の電子版を検索しましたが、何もヒットしませんでした。
Your search - kazuyoshi miura - did not match any documents.
No pages were found containing "kazuyoshi miura".

 
 今のところガセネタかどうか分かりません。本当だとすれば米国警察の未解決事件に対する執念を感じます。

あっぱれ! 米国の警察。
天網恢恢疎にして漏らさず!







この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
Shigeru Takeharaさま

トマトがお世話になっていたとは知りませんでした。ありがとうございました。
また適当な面白いブログパーツが見つかれば、サイドにアップするかもしれません。

>こちらで、何か日本と違った動きがありましたら、ご連絡します。
よろしくお願いします。
日本は来年5月から市民の司法参加ということで裁判員制度がはじまります。そこでこの事件をケーススタディして、市民が司法に参加すると判断にどのようなバイアスがかかるか、注目していきたいと思っています。危惧しているのは、動機や状況証拠が小さい実物の証拠より重んじられないかということです。
Posted by ユリウス at February 27, 2008 10:17
ユリウス様、

実は、通行人とかにばけて、トマトのお世話をしていたんですよ。あのトマト最近見かけませんけど、、、

ロス事件の件、こちらで、何か日本と違った動きがありましたら、ご連絡します。
Posted by Shigeru Takehara at February 27, 2008 03:11
Shigeru Takehara さま

このBlogではお久しぶりです。Kompさんのところで、時々お見かけしてますよ。

この事件、アメリカではどのように受け止められているのでしょうか?
関心の高さ、メディアの扱い方、識者のコメントなどもっと知りたいです。
常々、そちらの方が日本国民より社会正義にたいする希求が強いように感じているものですから。
Posted by ユリウス at February 26, 2008 08:58
奈良のO様

「蜘蛛の糸」は芥川龍之介でしたね。
若いころ読みました。
ちょっと教訓臭いので好きでありませんでしたが、この事件と連想付けて考えると、なかなか面白いものが見えてきそうです。

この事件でアメリカの陪審員が事実と状況に対してどう判断するか注目していきたいと思います。間もなくわが国で始まる問題がありそうな裁判員制度について、考える良い教材になると考えています。






Posted by ユリウス at February 26, 2008 08:50
ユリウス様、

お久しぶりです。Yahoo.comを見ていたら、この件が、最初の事件の項目で出ていました。こんなことがあるのか!と もうびっくりしました。

Posted by Shigeru Takehara at February 26, 2008 02:27
蓮池から蜘蛛の糸が切れそう。
この世では正直に申さぬとも、行くところでは必ず分かると思います。

そうでなければ、天国極楽、まさか。

そうなら、万引きで捕まらないですよね。

http://www.prati.info/c/back/ochanoma/75.html
Posted by 奈良のO at February 25, 2008 22:45
裏事情通さま

過去の経緯、ありがとうございました。
この男、最近「人権派」として報道被害や冤罪問題についての講演活動などをしていたようです。
ですが、無罪判決の後でこんな罪も犯している。
「三浦元社長は03年5月、東京都港区の書店で雑誌を万引きしたとして、警視庁に窃盗容疑で現行犯逮捕された。このときは不起訴処分だった。昨年春、今度は平塚市のコンビニエンスストアでサプリメント6個を万引きした窃盗容疑で逮捕された。小田原簡裁が罰金30万円の略式命令を出し、元社長は罰金を納付したうえで、正式裁判を申し立て、万引きを否認。現在審理中。」

ロス市警とアメリカの法廷が状況証拠だけでなく、「事実」と「法律」で正しく裁いてくれることを願っています。
Posted by ユリウス at February 25, 2008 01:37
この男は一美さんだけでなく前のワイフも殺しています。
ロスでの犯罪だっただけにロス市警としてはこちらで立件したかったのですが、日本人の日本人に対する犯罪だったので、日本側の強い要望があり、警察庁と協議した結果、日本警察の面子を立てて日本での立件に同意した経緯があります。
その時点で、まさか日本の裁判所が無罪にするとはまったく予期していなかった訳です。
ご存知の様に日本での殺人の時効は15年ですが、こちらカリフォルニアには
殺人罪に時効はありません。
この事件後、さすがカリフォルニアには舞い戻ってきていませんでしたが、グアムやサイパンに来ているとの垂れ込みがロス市警にあったそうです。
それで、今回の逮捕となったそうです。
勝負はこれからです。
ロス市警の今後の取調べに期待しています。
Posted by 裏事情通 at February 24, 2008 12:01