May 11, 2007

情報の海に漂うBlog

 Blogが情報の海に漂うゴミとすれば、8日の「クローズアップ現代」で取り上げられた「アルファブロガー」は情報の海に浮かぶ美しい珊瑚礁に思える。「一人で情報発信しているコンテンツなんて、ほとんどがクズ」とか、「Blogはゴミみたいなもの」とマスコミや識者から言われてきた。今までは、浮遊する多くのゴミの中から、珊瑚礁を見つけるのは、なかなかやっかいだったのだから、そういわれるのも無理はなかった。

 しかし、今やグーグルの検索エンジンやランク付けのような、ゴミから宝物を見つけ出すツールがネット上に備わってきたので、不特定多数の個人が書いたネットの知識や知見は「衆愚の集まり」と切り捨てることはできなくなってきた。ネット上の多くの人間が自分の感性で毎日情報の選別をしている。その結果、多くの支持を集めるBlogやHPは、あたかも選挙で選ばれたリーダーのような存在となっている。ネットにしばしばアクセスしている人たち(ネチズン)が自然発生的に自分達のリーダーを選んだのがアルファブロガーなのだと思いたい。

 NHKTVがBlogを取り上げたのは、これらアルファブロガーの影響力が無視できない力を持ってきたからでありましょう。

 翔年はこういう大きな流れができてきたのは素晴らしいことだと思っている。ところが、TVでも最後にちょっと触れられていたように、ネット上に問題がないわけではない。

 ネット社会も実社会と同じく、マナー違反や無自覚な善意の人や犯罪者もいるので、嫌な思いをすることもあるし、これがネット社会の健全性を損なうのではないかと危惧されることも結構多い。老婆心ながら、列挙してみます。

1 スパムメールが横行している
→ 大抵の方はスパム(迷惑メール)にはお困りであろうと思う。翔年はプロバイダーの迷惑メール対策を利用している他、メーラーで発信者を削除登録したり、メールルールで特定の件名や特定の用語を登録して、自動的に削除するようにしている。これだけのことをしても、スパムはすぐに30通以上に増えてしまう。実際に欲しいメールは10通/日に満たないのですから、これは本末転倒もいいとこ、ホトホト嫌になります。我々のネット社会はこういう輩を適切に排除する手立てを持っていない

2 ルール無視のコメントがが多すぎる
→ Blogにはその内容について、だれでも自由にコメントが書ける機能があるが、何の関係もないことを書き込む恥ずべきブローがーがわんさかいる。


3 ルール無視のトラックバックが跋扈している
→ トラックバックといって、「あなたのBlogの内容に関連して、私はこんな記事をかきましたよ」とリンクを貼って相互に連絡しあう、大変優れたツールがある。Blogの初期の頃は、これが有効に機能していて、大変楽しかったが、今はこの機能は悪徳ブロッガーの跋扈によって壊滅状態。トラックバックは無遠慮に広告を送りつけるツールに成り下がってしまった。これを的確に拒否することができないために、大抵のブロッガーはこの機能に制限をつけて、本来の用に立たなくなっている。

 上の三つは厚顔無恥な人間の悪徳商法といえます。ますます悪貨が良貨を駆逐するような事態にならないか心配しています。

4 巧みに広告を書くブロッガー達がいる
→ 広告主から広告料をもらっていながら、それを明らかにしないブロッガーが多数いる。翔年の利用しているライブドアでも、ある商品について書くと100〜200円/件の広告料収入が入る仕掛けがあります。こういうブロガーが増えてきたら、読者はたまりません。広告を読みたい読者はほとんどいませんから、こういうBlogが増えたら、読者は減少に向かうに違いありません。これはブログの根幹を揺さぶる事態です。

5 人気ブロガーにたかる企業、自覚欠如のブロッガー
→ TVで企業が人気ブロガー達を集めて商品説明会に招待し、高額の商品をお土産として持ち帰らせるシーンがありましたね。無邪気な顔して、「こんな高額の物をもらうとは思わなかった、勿論ブロッグに書きますよ」と当然のように語っていた女性のアップが映ってました。芯が腐りかけている桃に見えました(失礼)。企業に利用されて喜んでいるブロガーがふえたら、気がついたら読者は激減しているかもしれません。


 人間は複雑な生き物で、性善説で語ることもできますが、性悪説で説明する事だって可能です。翔年は性善説に立ちたいのですが、ネットを厚顔無恥に振舞うブロッガーが多いことを考えると、悲観的になります。アルファブロガーをネット民主主義の手続きで選んだように、もっといい方向へネット社会が発展していくことを願っています。せめて橋本大也氏のような優れたブロガーを見いだす目ぐらいは、ネチズンの多くが持ちたいものだと思います。

 ネット上も適者生存の世界とするなら、アルファブロガーが生き残り、ドンドン知的財産が増える素晴らしいネット社会がこの先に待っているのか、それとも、厚顔無恥のブロッガーや自覚欠如のブロガーがはびこり過ぎて、衰退へ向かうのか、今のところ翔年は判断できません。



この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
さかぐち 由 ひろゆき 様

TV見ていただいて、ありがとうございます。
今まで通り、思ったことを書いていきますので、今後ともよろしくお願いします。

梅田方面には出られることありますか?
一度お会いしたく思っています。
Posted by ユリウス at May 12, 2007 21:03
ニュースクローズアップ見ました、カレンダーに書き込み家内と二人待ち焦がれていました。
テレビ画面でお逢いできるとは、考えられないことでワクワクしました。
深く理解できませんでしたが、今まで通り自由なご意見を多岐に亘りお願いします。
Posted by さかぐち 由 ひろゆき  at May 12, 2007 17:34
サクラメント さま

見ていただいてありがとうございます。
日米同時放送になっているのですか?
そこまで地球がフラットになっているとは知りませんでした。

橋本大也氏はこのBlogを見てくださっているそうですから、このコメントが彼の目に留まればいいのですが・・・。

今後ともよろしくお願いします。


Posted by ユリウス at May 11, 2007 13:57
放送を見ました。
アメリカでも日本の放映に遅れることなく見れて良かったです。
ちなみにNHKのニュース等は日米同時放送です。
編集の関係でしょうが、散歩とかの映像がなかったのは残念ですが、アルファブロガー以外で名前付きの登場は貴殿だけでしたので、NHKもそれなりに貴殿には敬意を払っているのでしょうね。^^
Posted by サクラメント at May 11, 2007 12:58