April 13, 2007

その後のVAIOの調子

 年末から年始にかけてトラブルを起こしたソニーのノートパソコン、VAIOについて何回か書いたところ、大勢の方々に大変ご心配をおかけしてしまった。

 パソコンショップを経営されているMさんからは懇切な長文のメールをいただきました。また、以前仕事でソフトの開発をされていたKさんからは、経験上、デスクトップ型よりノート型はトラブルが多いという情報を寄せられる等、皆さんから、有益なアドバイスをたくさんいただきました。ありがとうございました。

バイオ


 またまた本日は、かれこれ3,4年はお目にかかっていない碁友のK氏から、「HPにありましたSONYのコンピューターのトラブルの話は、小生も同機種なので興味を持って拝見させていただきました」との便りが届いた。

 年末から年始にかけてパソコンの最も必要な時期にトラブルに見舞われたため、かなりソニーのバイオについて悲観的な記事を書いた。が、その後の状況をキチンと報告しなかったのはやはりまずかったと反省しました。


パソコンシステム
 SONYバイオ TypeF VGN-FS53B
 (インテルpentium750(1.86GHz),メインメモリー1GB、HD120GB)
 外付けHD アイ・オー・データ製 250GB
 プリンター エプソン PM-A850

故障箇所 
 1 内蔵型HD → 無償取替(一年以内)
 2 OSの一部破損?  
 →  壊れた場所はレジストリーらしい。CドライブのOSを再インストール、Cドライブのデータ喪失は痛かった。(殆どはDドライブに置いていて助かりました) 
 3 キーボード? 
 → 不具合発生の原因がHDのせいなのか、OSなのか不明。


修理後にしたこと
 1 手動で、マイクロソフトオフィス、エディター秀丸、英辞郎、デジカメの達人等、必要なソフトをインストール。フリーソフトも順次ダウンロードしてインストール。
 2 アプリケーションソフトはすべてCドライブ、データはDドライブに完全分離。
 3 技術評論社「WindowsXP上級マニュアル」と宝島社の「Windowsのシステム設定KING」を参考に、重くて遅いシステムをできるだけ高速化するためのチューニングを実施。
 4 外付けHDのGドライブに、Cドライブは新たなソフトをインストールの都度、Dドライブは1回/週、バックアップをプレインストールの「HD革命」で実施中。


 その後、3ヶ月以上経過しました。ご心配をおかけしましたが、トラブルは皆無、極めて順調に推移していることをここにご報告致します。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mtmt0414/50748448
この記事へのトラックバック
発券銀行 中央銀行には次のような機能があります。 (1)発券銀行:日本銀行は日本...
中央銀行の仕事と役割【知って得する豆知識】at April 13, 2007 23:29