March 01, 2007

日本車が高い評価独占 -米国

 アメリカの消費者専門誌である「コンシューマー・リポート」が28日に公表した2007年モデルの推奨ランキングで、日本車が全10部門で首位を独占しているのを知って、

1 日本の車の優秀さ と
2 米国の比較判定の公平さ の
二つに驚いた。
 
 このレポートによると
1 Testing(乗り心地)−運転の楽しさなど
2 Reliability(信頼性)− 故障の無さなど
3 Safty(安全性)− 事故時の乗員の安全さなど
の三つの要素を、あらゆる観点から比較審査してランク付けをしたものだという。

 発表されている10部門の第一位は

Fun to drive - Mazda MX-5 Miata(マツダ)
Small SUV - Toyota RAV4(トヨタ)
Small sedan - Honda Civic(ホンダ)
Family sedan - Honda Accord(ホンダ)
Minivan - Toyota Sienna(トヨタ)
Luxury sedan - Infiniti M35(日産)
Midsized SUV - Toyota Highlander Hybrid(トヨタ)
Budget cars - Honda Fit(ホンダ)
Green car - Toyota Prius(トヨタ)
Upscale sedan - Infiniti G35(日産)

となっており、トヨタが4台、ホンダが3台、日産が2台、マツダが一台と米国における日本車の高評価はゆるぎないようです。

 わが国の20世紀の物つくりの頂点を極めたのが自動車産業でしょうか。
 今後は、21世紀にふさわしい、もっと知識集約型の、もっとグローバルな視点に立った、価値ある産業を作り出さなければならないと思う。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mtmt0414/50720611
この記事へのコメント
ユリウス様

談合拒否の大手企業が実際にあり、その企業は今後も一切ないと信じています。小生と仲間達との成果主義協力一致、また実際に入札した方からもそう言えます。成果つくりのできる最低の価格で入札で一歩前進です。しかしながら、その他ではまだ談合があるような気(絶対ある!)がしています(残念)。

肩書きでなく、成果主義、勉強、好奇心、好奇心、頑張ろう、子供のように!

(奈良王様?、?でも止めて下さい。わたしは生徒(子供)ですので。)
Posted by 奈良のO at March 02, 2007 23:56
奈良のO さま (奈良の王様?)

かつて、関西国際空港の入札の前に米国はわが国の談合体質を質しました。時の政府の正式な回答は、「入札は公正に行われている」でした。
これに異を唱えた政治家も、行政も、業界人も、一人もいませんでした。30年以上前のあの時に本気で取り組んでいれば、自治体はこんなヒドイ財政逼迫に陥らなかったと思います。
談合は不正な商習慣として英語にもなっているほど、国際的に有名です。ようやく是正される動きがでてきたとしたら、一歩前進ではありますね。

Posted by ユリウス at March 02, 2007 21:18
1 日本の車の優秀さ と
2 米国の比較判定の公平さ の
二つに驚いた。
→自動車産業だけでなく、他産業にも期待し、マイナーな分野の小生も、
談合なしの業者とお付き合いしております。成果主義と官の公正な入札制度の兆しが出てきています。所謂、たたき合いはまともな成果が創れず、混乱を招くことは確かですので、またその価格以下で価値ある物が創れ続けるなら立派と言えますが、入札妨害の排除、混乱を招く無知な業者の排除と天下りの徹底排除を”総理”知事”殿にしっかりとおやりいただきたいです。
天下るならば、しかと成果主義の技量のおもちの方のみ、官の足を洗ってお進み下さい。
Posted by 奈良のO at March 02, 2007 21:00
YN さま

いつもコメント、ありがとうございます。
>全部門で1位ってすごいですね!
本当に凄い。
ドイツ車のベンツやBMWには独特の味わいがあって小生は好きなのですが、アメリカ人の眼にはやや保守的に映るのでしょうか?

>製造業以外の分野でもどんどんがんばってほしいです。
そうですね。
地球環境問題を解決するために、水、空気、土壌などに関する技術を統合し、それを用いて指標を作り、先進諸国が有利にならないように配慮したルールの提案などが、わが国から発信できたら素晴らしいと思いますが・・・。

21世紀の早い時期に、エネルギー問題、食糧問題、環境問題に対する国境を越えたグローバルな取り組みを始めないといけないのではないでしょうか。エネルギー多消費でかつ軍事大国のアメリカでは、この問題で他国を説得できませんから。

Posted by ユリウス at March 01, 2007 22:41
ユリウス様、こんにちわ。

全部門で1位ってすごいですね!これには驚きました。これだけ消費者支持があれば、さすがの米国自動車企業も昔のような日本車叩きはやりにくいですね。(それでもトヨタは販売台数で1位になることは避けたいようですが。)

私は次はロボットだと思っています。ここでも日本企業は強い。もちろん製造業以外の分野でもどんどんがんばってほしいです。ゲームやマンガも(知的かどうかは別にして)日本が誇る(?)産業ですね。ほかにもいろいろ出てきてほしいです。
Posted by YN at March 01, 2007 21:12