February 12, 2007

天神さんの古本まつり

天満宮の白梅天神さんの古本まつり1

 恒例の「てんま天神梅まつり−古書即売会」に行ってきた。境内の梅は例年より早く、もう咲いているのもあったが、日当たりの状態によるのであろうか、まだつぼみの梅もあった。寒くも暑くもなく、ぶらぶら冷やかしながら古本屋巡りをするのは、本好きにとっては至福の時。

 今年の収穫は三冊。
江戸狂歌

「なだいなだ著「江戸狂歌
→ パッとページを開いたら
 朝もよし昼もなほよし晩もよしその合い合いにチョイチョイとよし   蜀山人

が眼に飛び込んできた。
 いずれ、このBlogで政治批判か何かで堅苦しいのが続いたときに、フッと肩の力を抜く必要を感じたときに、いくつかの狂歌を読者にお眼にかけることになるだろう。



女の原色図鑑

「池田満寿夫著「女の原色図鑑
→ 原色はあまり好まないが、女の原色ならまぁいいかと思って買った。これまた、読者から拍手をいただけるような場面で引用したい。「好きと嫌いだけで物事や人間を判断してはいけない」という池田満寿夫の言うところを良く理解した上で、引用することになるかも・・・。



碁狂ものがたり

中山典之著「碁狂ものがたり
→ 4月初旬に著者の中山先生が西下される。その時、ちょっとした会の「司会をせよ」と碁吉会のK氏から頼まれ、うっかり受けてしまった。先生はたいへん著書が多い。先生と司会の阿吽の呼吸が生きるためには、この本も読んでおいた方がいいに違いない。



繁昌亭

 天神さんを出たところが、落語専門の「繁昌亭」。繁昌亭の前は人出もあるし、若い人達もいる。しかし、何時も感じるのは、古本市に集まるのは年寄りや地味な人ばかり。梅田の地下街や心斎橋筋を闊歩している、うわべを精一杯飾りたてた女性は見かけない。そういう人種はここには来ないらしい。彼女らは内面を磨くことに興味がないのか、それとも、古本で磨くより、新刊本で磨く方がより効果があると考えているのかは知らないが・・・。


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
今日売れた古本。くいしんぼうのはなこさん [-] by ももこ, いしい
07年4月3日に売れた古本【Dr. Sedoriの古本せどり日記】at April 04, 2007 05:09
この記事へのコメント
裏事情通 さま

最近、赤兎馬へ行きましたら、なぜかパソコンやAV機器が一杯おいてありましたよ。(酒瓶は見なかった)

>人形縛り手筋」を是非教わって下さい。
緊縛学?なら興味があります。
Posted by ユリウス at February 15, 2007 21:00
>天神橋筋商店街には、知人がやっている「赤兎馬」という碁会所にいくこともあります。
久し振りに聞く名前「赤兎馬」大変懐かしく思います。
「赤兎馬」は碁を打つ所ではなく、美味しいお酒を飲み、宴会する所と記憶していますが…。^^
藤田さんに「人形縛り手筋」(石塔絞りではない)を是非教わって下さい。(笑)

Posted by 裏事情通 at February 14, 2007 15:25
>BOOK-OFFではないですか? 
そうです☆あと、たまに古本市場も利用します。
ほしい本が決まっているときは本当に便利ですね。前者は金券もくれるのでさらにお得ですし。

出産すると1ヶ月間大好きな読書とハーモニカを断たなければならないらしく、これに耐えられるかとても心配ですががんばります☆
Posted by サユリ at February 14, 2007 11:18
サユリ 様

>古本店に足を運びますが、そのほとんどがジャンル別、作者別に整理された古本チェーン店です。
BOOK-OFFではないですか? 
小生も時々行きます。安くてありがたいけど、回転のきく本しか置いてないみたい。
たまに、古典の全集がバラで一冊100円がでたりします。この時ばかりは得した気分です。

おめでたなんですってね。
元気な赤ちゃんが生まれるように祈っています。
Posted by ユリウス at February 13, 2007 23:25
私も本は好きなのでよく古本店に足を運びますが、そのほとんどがジャンル別、作者別に整理された古本チェーン店です。
欲しいものがすぐに見つかってよいのですが、本との思わぬ出会いがないのが難点ですね。
梅見を楽しみつつ、ウィンドウショッピングをするように古本屋巡りをしてみるのもまたよいですね☆
Posted by サユリ at February 13, 2007 20:12
浅野裕 さま

お久しぶりです。
ハーモニカはますます上達されたことと思います。小生は休憩したまま、
再出発がなかなかできません。

何時でしたか、あなたに古本市があるとを教えてもらってから、
ちょくちょく行ってます。

>事務所は天満宮の近くですので次においでの際にはまた寄ってください。
ありがとうございます。
天神橋筋商店街には、知人がやっている「赤兎馬」という碁会所にいくこともあります。
お会いできる日を楽しみにしています。
Posted by ユリウス at February 13, 2007 13:25
ご無沙汰です。古本市は10月だけと思っていたら、2月にもやってるみたいですね。事務所は天満宮の近くですので次においでの際にはまた寄ってください。
Posted by 浅野裕 at February 13, 2007 11:18