December 13, 2006

どうなってんの? ソニーのバイオ

 ソニー製のパソコン、VAIOを修理に出したところ、早速、鎌倉から連絡があった。

1 カスタマーサービス(電話による相談とチェック)で、キーボードのハードウエア不具合と診断されていたが、修理部門のチェックではキーボードに何ら不具合はないと言う。

2 ところが、ハードディスクに不具合があり、その対策でHDDを新品に交換するので了解して欲しいといって来た。

3 ハードディスクの交換には不同意といったら、先方はそれでは、そのまま送り返すとのこと。


 翔年は突っ込みました。不具合の発生した現象はハードディスクの不具合で起こる現象か? と。
返事は予想通り、Noでした。ということは、不具合の発生原因とは全く別の不具合が新たに見つかったということですね。購入後、わずか半年で2ヶ所の不具合が発生し、肝心の不具合個所は見つからないままで返却される。これだけ品質に問題のあるパソコンを買ったユーザーはたまりましぇーん。

 翔年は8ビット機の時代(30年前)はNEC製「88」、その後MS-DOS互換機の時代には富士通製、Windows時代になっても主に富士通製を使っていましたが、娘や息子などがいろいろなメーカーのものを使うのを見て、どこの製品でも大差ないだろうと、今回はじめてソニー製品を購入、そして、こんな情けない問題にぶち当たりました。

 これは長期戦を強いられると覚悟し、退職してフトンをかぶって寝ていたFMV-Note(Win98)を、たたき起こして現役復帰させました。何分老体ゆえ、トロイし、記憶力も弱いのですが、がんばってもらうしかありません。

 と言うような訳で、メールもBlogも一応使える状態になりました。ご心配をおかけしましたが、何とかなると思われます。
 今後とも、どうかよろしくお願いします。


この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
サユリ さま

>ちょっと納得のいかない話ですね…。
全然なっとくできません。
接触不良とかバネのへたりなど、単純なトラブルではないと今でも思っています。

>それにしても、デスクトップ型よりノート型にトラブルが多いように思うのは私だけでしょうか?
やっぱりそうなんでか。
小生は拡張機能が必要なために、これまでずっとデスプトップ型を使っていました。アメリカの囲碁大会に持って行きたいばっかりに、今年初めてノート型にしたのです。あぁ。

Posted by ユリウス at December 14, 2006 15:43
ちょっと納得のいかない話ですね…。
キーボードの不具合は接触不良か何かが原因で、輸送の衝撃(?)で解消されたため再現性が出なかったのでしょうか?
(そんなに簡単に治るものなのかな??)
不思議な話ですね。
それにしても、デスクトップ型よりノート型にトラブルが多いように思うのは私だけでしょうか?
ノート型は持ち運びも楽でこたつでも作業可能なのがこの時期とくにありがたいですが、会社員時代にノートパソコンのトラブルで散々な目に遭ってきたので、いまだに自宅ではデスクトップ派です。
Posted by サユリ at December 14, 2006 13:58
高野圭介 さま

鎌倉はとうございます。
ペガサスが欲しい!

鎧着て 乗るとよろつく 佐野の馬

Posted by ユリウス at December 14, 2006 09:24

 佐野ユリウス常世さま

 あなたさまの言や良し。
「僧どの、こんな情けない問題に直面した上、この寒さ故鉢の木を焚く故、暖でも取りなせぇ。私は、いざ鎌倉というときは、古びたるといえ、この98を駆使し、老朽せしとはいえ、このボードを叩きて、馳せ参じよう」

 おかげさまで、いの一番に復帰され、私たちは麗々しきBlogの蘊蓄に触れさせていただく光栄に浴しています。
 願わくば、いっそうのご自愛ご健筆のほどを。

 高野圭介
Posted by 高野圭介 at December 14, 2006 07:52