July 26, 2006

特別企画展 「山田風太郎と絵画」

山田風太郎の行事

 何回も書いているから、またかと思われるかも知れない。翔年は玉川和正氏(通称、たまさん)の「人生のセームスケール」という大事業のお手伝いをさせてもらっている。その「人セム」のたまさんがこういっている人物が作家の山田風太郎。

 『名著『人間臨終図鑑I・II・III』(徳間文庫)がある。これは「人生のセイム・スケール」の原典。臨終場面はこの名著を参照してくださいまし。関係ないけど、ボクは山田風太郎の長男と同じ昭和32年7月の生まれだ。 』

 たまさんの「人セム」にとっては、人間の生没年が大変重要なことなので、風太郎の長男と同じ生まれ月とすると、これは相当な因縁と言わざるをえない。それでというわけでもないが、風太郎の生地、兵庫県養父市関宮にある「山田風太郎記念館」に行ったこともある。そこで記念館の管理運営をなさっている方にいろいろと便宜をはかってもらって、たいへんお世話になった。そんなご縁もあって、今日、風太郎の特別企画展「山田風太郎と絵画」の案内が来た。

時期:7月28日(金)〜12月27日(水)
場所:風太郎記念館

 山田風太郎に関心のある方、また当地へ行かれる機会のある方は、是非風太郎記念館を訪問されることをお勧めします。



この記事へのトラックバックURL