May 14, 2006

成長の限界は明らか

 毎年、「地球白書」を出し続けている米地球政策研究所理事長のレスター・ブラウン氏の「地球を読む」が今朝の読売新聞に掲載されている。

地球白書

 現在の地球文明はこのまま進めば環境を維持できるものではないと言い続けている氏の説には、キチンとした数字の裏づけがある。

 状況はますます悪化の方向にある。その大まかな数字の幾つかを拾って、我々はどうすればいいかを考えるよすがとしたい。


1 森林破壊、砂漠化、地下水の減少、土壌の侵食、漁獲の激減、気温の上昇、万年氷の融解、破壊的な暴風雨の増加など、人間に起因する環境変化によって、地球規模の経済は徐々に損なわれている

2 中国の基本的な資源の消費量が米国を越えた

3 食料部門の穀類と肉類の消費量が米国を上回った。食肉は米国の2倍近くになった。

4 エネルギー部門の石炭消費も米国を上回っている

5 中国経済が年率8%で成長し続けたら、2031年に個人所得が現在の米国並みになる。(さまざまな制約のため、こうはならないだろうが・・・)

6 もしその時点で、個人の資源消費量も米国並みなら、現在の世界の穀類総収穫量の3分の2相当を推定14億5千万の中国の人口が消費することになる。

7 紙類の消費量も、現在の世界総生産量の2倍になる。地球上の森林は消滅に向かう

8 米国と同じように、中国人の4人のうち3人が車をもてば、車の総数は11億台になる。現在の世界の総台数8億である。

9 石油はどうなるか。日量9900万バレルが必要になるが、現在の世界総生産量は日量8400万バレルであう。

10 更に目をインドに転じると、2031年の予測人口は中国を上回るのである。これらの数字から、誰の目にも石油と使い捨て経済が成立しないことは明白となっている。

11 その上に、「米国の夢」にあこがれる30億人の途上国の人々が続いているのです。


 翔年は思う。今現在、地球環境問題の舵取りが出来る、グローバルな権限を持った組織(たとえば世界連邦)はないのだから、各国政府と各国の国民がそれぞれ取り組みをはじめなければ、地球環境の悪化によって、いかなる社会も存続を許されなくなる事態が出来する。

 中国に焦点をあてて見ましたが、これは中国の成長が怪しからんと主張するものではありません。むしろ、反対に、中国にみならず、途上国の貧困を根絶するためには、経済の発展は不可欠であります。もしそうだとすると、米国や我国や欧州の先進諸国は、使い捨て経済からの脱皮を自らの意思によって、決断しなければいけない時期にさしかかっていると思わざるを得ません。
 さまざまなところで、色々な取り組みや試みが始められてはおりますが、まだまだ十分とは申せません。

鳩山由紀夫著、「『成長の限界』に学ぶ」
成長の限界に学ぶ
 わが国の政治家で、グローバルな視点で本を書いているのは民主党の鳩山幹事長しか、翔年は知りません。この本は2000年4月に出ましたが、残念ながら力足らずで、ほとんど反響はありませんでした。


地球環境保護と人間の健康を最優先し、持続可能な社会の在り方を志向するライフスタイルを目指すLOHASという運動などが、世界中でもっと盛んになるといいのですが。

※LOHAS = Lifestyles Of Health And Sustainability


この記事へのトラックバックURL