March 20, 2006

水仙の温度センサー

 どなたでも日常経験されていることで、ことさら目新しいことではありません。昨日、塾から持ち帰った水仙が、環境温度によって、こんなにも咲きぐあいに違いが生じました。それが面白くて、アップする気になりました。
 左から寒い場所の順に、玄関の水仙(一番寒い)、廊下の水仙(寒い)、リビングの水仙(暖かい)です。

水仙(玄関)水仙(廊下)水仙(リビング)


 花の開花には日照時間と温度が関係するようですが、水仙を見ている限り、温度センサーによっていることがハッキリ分かりますね。これほど、明白な現象があるのに、そのセンサーのある場所とか開花のメカニズムはまだ明らかにされていないのでしょうか?
 生物の不思議を目の当たりにしました。

何故? なぜ? ナゼ? なんで?


黄水仙みな横向くはよそよそし     長谷川照子


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mtmt0414/50392161