November 01, 2005

秋蒔きのハーブの芽がでた

 10/2に種まきしたハーブの「ジャーマン・カモマイル」と「コリアンダー」に芽が出て雑草の中で少し成長していた。ほったらかしのため、どれが雑草でどれがハーブか分からない状態でしたが、慎重に雑草を引き抜いて、カメラに治めました。カモマイルは蒔いたとおり、たくさん育っていましたが、コリアンダーは何故かほんの少ししか発芽しなかったようです。

ジャーマン・カモマイル
ジャーマン・カモマイル

 本によれば
ジャーマン・カモマイルは土質を選ばず丈夫に育つので初心者向きとかいてある。強くて生育旺盛なら言うことありません。
生の花を利用するハーブティーは金色で香り高く風邪や不眠、リラックスや美容によいとよいことばかり書いてありました。

コリアンダー
コリアンダー

コリアンダーは根が傷みやすいそうだから、間引きが必要なのだろう。
ピリッとパンチのある香りってどんなのだろう?

 スイートバジルは今日現在も元気でたくさん収穫できた。Tさんによると花が咲くまでに摘むのがいいのだそうだ。これは本にも書いてあったっけ。
 シソ科の1年草なのに何時まで元気でいるのだろうか?


 ハーブのことはこれぐらいにしておきましょう。
 有機農業のHさんから、農業への規制がまたまた強化されている現実を聞いて、憤りを覚えました。アイガモ農法の生きたアイガモが農薬に指定された時の怒りに続いて二度目で我慢なりません。
 食品の安全や検査や表示に関することで、消費者の安全を守るための法律と規則なのですが、規模の小さい有機農業にはそぐわない規制です。法律や規則と実情をよく調べてから、もの申したいと思います。




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mtmt0414/50171116