October 31, 2005

小泉首相の功績は政治改革だった

 第3次小泉内閣が発足した。
報道によると、小泉首相は31日、内閣改造を行い、第3次小泉改造内閣の顔ぶれが決まった。新閣僚は次のとおりです。

首相 小泉純一郎
総務・郵政民営化 竹中平蔵
法務 杉浦正健(初)
外務 麻生太郎
財務 谷垣禎一(留任)
文部科学 小坂憲次(初)
厚生労働 川崎二郎
農水 中川昭一
経済産業 二階俊博
国土交通 北側一雄(留任)
環境・沖縄北方 小池百合子(留任)
官房 安倍晋三(初)
国家公安委員長・防災 沓掛哲男(初)
防衛 額賀福志郎
経済財政・金融 与謝野馨
規制改革・行政改革 中馬弘毅(初)
科学技術・食品安全・IT 松田岩夫(初)
少子化・男女共同参画 猪口邦子(初)


 小泉内閣のやるべき方向は定まっているので、残すところ後1年で、この内閣がどこまで実現してくれるのか、どういう道筋で実現していくのか見守っていきたいと思います。

 ところで、小泉改革とは一体何であったかと問う時、翔年は政治改革であったのではないかとという思いを禁じえません。郵政をはじめとする行財政改革だけでなく、政治改革の側面から見た功績はとても大きいように思えます。それを実現できたのは自民党議員の中では稀有といってもいいほど、小泉首相が「私心のない」人であったと言う事だと思います。(やっぱり日本のゴルバチョフだったのです)
 
 思いつくままに列挙して見ます。
1 自民党の派閥をぶっつぶし、利権に群がる実力者を蹴散らしたこと。いばりちらしていた、野中、橋本、青木など裏金で動くいわゆる「実力者」を葬ったことはあっぱれではありませんか。そういう輩が政界で権力を持つことができなくなったのは大きい。

2 特定郵便局、ゼネコンなどの自民党の集票組織を自ら断ち切ったこと。我国に必要な改革なら、身を切ってでもやるという姿勢は、志ある若い政治家を自民党に呼び込んだ。政治家は志が大事だということを、身をもって示したからではないでしょうか。

3 自民党を政策集団に変革した。右から左まで八百屋みたいな議員と党員が利権に群がる集団から、曲がりなりにも「小さな政府」を目指すという政策の一致する方向にもっていったこと。刺客だと騒ぐ人もいたが、小選挙区に地元に利益を誘導する必要のない議員を立て、当選させたことは政治浄化にとって大変大きなことでした。
 対する民社党はまだ、従来の寄せ集め党のままです。今、前原党首は自民党に対して対案を出す政党にしようと努力していますが、自民党案を少しいじっただけの対案では勝てません。何の魅力もありませんから。弱者の側に立った「大きな政府」を標榜した魅力ある政策を打ち出さない限り2大政党制が泣きます。それでこそ、国民は政策を選ぶ選挙を持ったことになるのですから。

4 小泉さんは丸投げすると言って批判する人は多かったけれど、それは小泉総理が入閣させた大臣に全て任せた手法が分からなかった人たちの言い分です。任せて責任は自分がとるというスタンスはリーダーとして申しぶんありません。
 例えば
 石原伸晃はTVでは活躍していましたが、いざ改革担当として重責を任せられても、ただ右往左往するだけの人だったことが誰の目にも明らかでした。田中真紀子も外交も外務省改革もなにも出来ない人でした。
 逆に竹中平蔵は不良債権処理をはじめ任されたことを不退転の決意でやりぬくことができる人物であることを証明した。谷垣禎一も出来る人であることを誰の目にも納得させた。
 このように仕事を任すことで有能、無能議員が目に見える形で色分けできたことも国民にとってはありがたいことだった。

5 もし、ケチをつけるとすれば、小泉さんは石原、田中、川口、南野(法相)などを何故入閣させたのか? 人を見る眼が曇っていたのかどうか、聞いてみたい気がします。

 小泉内閣の政策実現度については、来年の9月に小泉内閣が終わった時に、皆さんと一緒に評価したいと思います。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
ある程度予想できた顔ぶれと言っていいかもしれませんね。ただ、やっぱり麻生氏の外務大臣と、安倍氏の官房長官にはビックリしましたが・・・ 人気blogランキングへ
第3次小泉改造内閣誕生【ネットでザクザク稼ぐ方法教えますブログ】at November 01, 2005 00:24
第3次小泉内閣が発足。 「ポスト小泉」と目される麻垣康三さんは、次の通り就任。  「麻」生太郎・前総務相        → 外務大臣  谷「垣」禎一・前財務相        → 財務大臣(留任)  福田「康」夫・元官房長官       → 入閣せず。  ...
2005/10/31(月) 麻垣康三さんの行方。【Beach Park 浜村直之徒然日記】at November 01, 2005 04:54
この記事へのコメント
磯田 昇 さま

お褒めをいただき、ありがとうございます。
ブッシュ政権より小泉政権の方が利権からの距離は遠いですね。
これからもよろしくお願いします。

中国関係の情報については、小生もできるだけ集めようとしていますが、本当に分からない国ですね。全貌が見えません。
でも、そもそも共産党の論理と資本の論理は相反しますから、中国政府が無理をしていることは間違いありません。これからも無理の上に無理を重ねるでしょう。いつか破綻がくるのではないでしょうか。そのとき世界は激震に見舞われると思われます。


Posted by ユリウス at November 01, 2005 09:39
 翔年さま
このようにクールに記述されるとよく判ります、有難うございました。出来るならばマスコミ関係者に是非とも読ませてやりたい気がします。
国際親善・協力との観点から何名かで国内外の記事を纏め海外へも情報発信しています、是非ともこのエッセンスを伝えたいと思います。

ついでに今回の小泉首相の靖国参拝に付いて、北京関係者はNHKを始め日本のマスコミにあまり騒いで欲しくないそうです。中国は国民に特に海外情報を遮断してる訳だからでしょうか・・・ TVに移った大使館前でのデモは「官製」そのものだそうです。<官製でないと許可にならない>
併せて海外からは、中国人にゴルフ場への会員制限を検討する(日系関係者が理事長をしているのでしょうか??)などのニュ-スが入っていますが日本人が知らないところでビックリするようなてんまつになって行くようです・・・
Isoda
Posted by 磯田昇 at November 01, 2005 05:47