June 27, 2005

将棋ソフト「激指」、敗退!

 第18回アマチュア竜王戦の全国大会は26日、ベスト16によるトーナメントが行われた。特別招待で出場して、勝ち進んでいる期待の将棋ソフト「激指」は福井県代表の田中氏に敗れて8強入りはならなかった。

 勝った田中さんはほっとした表情で次のようなコメント。
「人間の面目を保つことができた」

 負けた激指開発者の鶴岡氏のコメント。
「序盤がまずく、そのまま負けるというコンピューターの欠点が出た」

 このコメントから、やはりコンピューターには形成判断が難しいのだなということが覗える。読みのスピードでは人間よりはるかに優れているコンピューター、正しい形勢を判断を下せるアルゴリズム(評価函数みたいなもの?)が進化したら手がつけられなくなるかも知れない。予感はあたりそう。

 このソフトは間違いなくアマ県代表クラスの実力を持つことが実戦で証明された。このソフトの情報がほしい。読者でこのソフトの情報がある場所をご存じの方がいらっしゃったら、是非教えていただきたい。よろしくお願いします。

 ウインブルドンテニスは昨日は休み、シャラポアの新たな情報はありません。


この記事へのトラックバックURL