September 22, 2010

『劉暁波にノーベル平和賞を』−ヘラルド・トリビューン紙より−

 20日の国際ヘラルド・トリビューン紙(International Herald Tribun)に、こんな「意見」が掲載されていることを宮崎正弘氏のメルマで教えてもらった。

 簡単に言うには問題が複雑すぎるけれど、要するに中国で2年前に起草された『08憲章』の責任者(中国政府により現在投獄されている)の劉暁波にノーベル平和賞を送ろうという意見である。(末尾に全文を引用します)

1 1977年、共産党独裁の監視下にあってチェコの知識人らは「77憲章」を訴えた。詩人のバーツラフ・ハベル(Vaclav Havel)らは投獄された。それから12年後の1989年、チェコにビロード革命が起こり、ソ連の傀儡政権は崩壊し、開放されたハベルがチェコの大統領となる

2 同年の1989年6月、民主化を訴えた中国の知識人、学生らは天安門広場で集会を続けてきたが、中国共産党の指令により軍が投入され、虐殺されたり、投獄されたりした。逃れたツァイリン、方励之らは米国へ亡命した。そして、中国人の民主化の叫びは表舞台から消しさられ、中国共産党は「あれは外国の陰謀であった」と言った。

3 2008年、劉暁波が起草した「08年憲章」がネット上に流れた。(翔年は、2008/12/11「08憲章−中国の民主化運動」など一連の記事をネットから情報を得て書きました)中国では08憲章にたちまち賛同者が集まって、署名した人は一万人を越えた。中国政府は劉を逮捕し、家族、弁護士との面会を許さず、十一年の刑に処した。

4 チェコのハベル元大統領らは、この劉にノーベル平和賞を与えるようスエーデンのノーベル賞選考委員会へ働きかけている。この呼びかけは欧米にひろく波紋を呼んでいるらしい。


 翔年は考える。最近とみに品位を欠いた武力による威嚇を続ける中国共産党政権を相手にせず、日本国民は今こそ圧政の下に喘ぐ中国民衆を救う運動を起したらよいのではないか。(少なくとも投獄されている知識人を救い出したい。開放された人を暖かく迎えたい)
 ハベル元大統領の運動の応援なら直ぐにでもできる。日本国民は歴史の必然で北朝鮮や中国共産党の独裁政権はいずれ消滅する運命にあると判断するなら、日本政府の対応とは別個に、民主化運動を支援する国際世論を喚起する行動を起したらいいのではないか。武力による国際紛争の解決を望まず、教育程度が高く、物事を冷静に長期的視野で見ることが出来る日本国民にとって、ハベル元大統領の呼びかけは大変示唆にとんでいると思う。インターネット時代にふさわしい民主化運動だ。このような長期的な運動をグローバルに継続して推進することは、後世において歴史の審判を受けた時、必ずや日本の名誉を守ってくれると信じる。

(追記)
このエントリーを書いてから17日後の10月8日、ノーベル賞委員会は10年度のノーベル平和賞を劉暁波氏に贈ることを決定しました。



ヘラルド・トリビューンの記事全文:
A Nobel Prize for a Chinese Dissident
By VACLAV HAVEL, DANA NEMCOVA, and VACLAV MALY
Published: September 20, 2010

PRAGUE - It is hard to believe that it was more than 30 years ago that we, a group of 242 private citizens concerned about human rights in Czechoslovakia, came together to sign a manifesto called Charter 77. That document called on the Communist Party to respect human rights, and said clearly that we no longer wanted to live in fear of state repression.

Our disparate group included ex-Communists, Catholics, Protestants, workers, liberal intellectuals, artists and writers who came together to speak with one voice. We were united by our dissatisfaction with a regime that demanded acts of obedience on an almost daily basis: Shopkeepers were pressured to put up propaganda signs that read “Workers of the world, unite!” Schoolchildren, students and workers were compelled to march in May Day parades. Office workers had to denounce American imperialism at the start of the workday. Citizens had to “vote” in elections in which the only choice was the ruling party.

Communist parties, then as now, prefer to divide and conquer. After Charter 77 was released, the government did its best to try and break us up. We were detained, and four of us eventually went to jail for several years. The authorities also got back at us in petty ways (including the suspension of driver’s licenses and confiscation of typewriters). Surveillance was stepped up, our homes and offices were searched, and a barrage of press attacks based on malicious lies sought to discredit us and our movement. This onslaught only strengthened our bonds. Charter 77 also reminded many of our fellow citizens who were silently suffering that they were not alone. In time, many of the ideas set forth in Charter 77 prevailed in Czechoslovakia. A wave of similar democratic reforms swept Eastern Europe in 1989.

We never would have guessed that our short manifesto would find an echo in China some 30 years later. In December 2008, a group of 303 Chinese activists, lawyers, intellectuals, academics, retired government officials, workers and peasants put forward their own manifesto titled Charter 08, calling for constitutional government, respect for human rights and other democratic reforms. It was published to mark the 60th anniversary of the Universal Declaration of Human Rights. Despite the best efforts of government officials to keep it off of Chinese computer screens, Charter 08 reached a nationwide audience via the Internet, and new signatories eventually reached more than 10,000.

As in Czechoslovakia in the 1970s, the response of the Chinese government was swift and brutal. Dozens if not hundreds of signatories were called in for questioning. A handful of perceived ringleaders were detained. Professional promotions were held up, research grants denied and applications to travel abroad rejected. Newspapers and publishing houses were ordered to blacklist anyone who had signed Charter 08. Most seriously, the prominent writer and dissident Liu Xiaobo, a key drafter of Charter 08, was arrested. Liu had already spent five years in prison for his support of peaceful Tiananmen Square protests in 1989. Held for more than a year with limited access to his wife or his lawyer, Liu was put on trial for subversion. In December 2009, he was sentenced to 11 years in prison.

Despite Liu’s imprisonment, his ideas cannot be shackled. Charter 08 has articulated an alternative vision of China, challenging the official line that any decisions on reforms are the exclusive province of the state. It has encouraged younger Chinese to become politically active, and boldly made the case for the rule of law and constitutional multiparty democracy. And it has served as a jumping-off point for a series of conversations and essays on how to get there.

Perhaps most important, as in Czechoslovakia in the 1970s, Charter 08 has forged connections among different groups that did not exist before. Before Charter 08, “we had to live in a certain kind of separate and solitary state,” one signatory wrote. “We were not good at expressing our own personal experiences to those around us.”

Liu Xiaobo and Charter 08 are changing that, for the better.

Of course, Charter 08 addresses a political milieu very different from 1970s Czechoslovakia. In its quest for economic growth, China has seemed to embrace some features far removed from traditional Communism. Especially for young, urban, educated white-collar workers, China can seem like a post-Communist country. And yet, China’s Communist Party still has lines that cannot be crossed. In spearheading the creation of Charter 08, Liu Xiaobo crossed the starkest line of all: Do not challenge the Communist Party’s monopoly on political power, and do not suggest that China’s problems ? including widespread corruption, labor unrest, and rampant environmental degradation ? might be connected to the lack of progress on political reform.

For making that very connection in an all too public way, Liu got more than a decade in prison. In an especially spiteful move, the authorities, perhaps fearful that his prison cell would become a political rallying point, have forced him to serve his sentence in the northeastern province of Liaoning, far from his wife Liu Xia and friends in Beijing.

Liu may be isolated, but he is not forgotten. Next month, the Nobel Peace Prize Committee will announce the recipient of the 2010 prize. We ask the Nobel Committee to honor Liu Xiaobo’s more than two decades of unflinching and peaceful advocacy for reform, and to make him the first Chinese recipient of that prestigious award. In doing so, the Nobel Committee would signal both to Liu and to the Chinese government that many inside China and around the world stand in solidarity with him, and his unwavering vision of freedom and human rights for the 1. 3 billion people of China.

Vaclav Havelis the former president of the Czech Republic.Dana Nemcova is a leading Czech human rights advocate, and Vaclav Maly is the bishop of Prague. All three are signatories of Charter 77 and former leaders of the 1989 Velvet Revolution in Czechoslovakia.


※ヘラルド・トリビューンと提携関係にある新聞は以下の通り。
Al Watan Daily (クウェート)
朝日新聞(日本)
イ・カシメリニ(ギリシャ)
中央日報(韓国)
Daily Star (エジプト)
Daily Star(レバノン)
エル・パイス(スペイン)
Haaretz(イスラエル)
モスクワ・タイムズ (ロシア)


  

Posted by mtmt0414 at 02:11Comments(8)

September 20, 2010

コンピュータ VS 清水市代女流王将 −将棋界注目の一戦

 4月7日のエントリー「コンピュータが将棋連盟に挑戦状!」を書きました。このエントリーはその後の状況です。

コンピュータvs清水市代
 コンピュータ将棋ソフトとプロ棋士との対戦が来る10月11日に行われます。いよいよ面白くなってきました。日本将棋連盟のHPにこう告示されています。

**************************************
 この度、日本将棋連盟は社団法人情報処理学会からのコンピュータとの対局を求める挑戦状に対し、女流棋士会ファンクラブ「駒桜」主催で10月11日(月・祝)、東京大学にて清水市代女流王将が対局を行うこととなりました。 対局当日は東京大学内で大盤解説会を開催いたします。

平成22年10月11日(月・祝)開場12時 開始13時

対局者: 清水市代女流王将 VS あから2010
平手一番勝負 振り駒

持時間:各3時間(チェスクロック使用)切れたら1分

場所:東京大学本郷キャンパス 工学部2号館(東京都文京区本郷7-3-1)

対局室:3F「電気系会議室2」(撮影時以外、入室不可)
大盤解説:1F「213大講義室」

****************************************

「日本情報処理学界公式コメント」
 情報処理学会では学会創立50周年記念事業として「トッププロ棋士に勝つためのコンピュータ将棋プロジェクト」を立ち上げ、去る平成22年4月2 日、日本将棋連盟にコンピュータ将棋とトッププロとの対局を望む挑戦状を送り、日本将棋連盟がこれを受けて、この秋に女流トッププロとコンピュータ将棋との特別対局を下記のとおり実施する運びとなりました。持ち時間などの対局条件等の詳細は決定後、改めて発表いたします。
 この度の対局は、本プロジェクトとしてのスタートラインで、今後順調に行けば徐々に対戦相手のレベルを上げて、数年内にはタイトルホルダーとの対戦に進んでいけるものと想定しております。今回はその口火を切る女流トッププロ棋士との真剣勝負になります。
****************************************

左から米長会長、清水女流王将、白鳥情報処理学会長
米長、清水、白鳥

 これはわくわくする試みですね。
 より興味を増すために、ちょっとコンピュータソフト「あから2010」のアウトラインを書いておきましょう。(これも将棋連盟のHPにあります)

「対戦コンピュータあから2010とは」
1 情報処理学会の「トッププロ棋士に勝つ将棋プロジェクト」特製システムです。

2 阿伽羅(あから)は10の224乗という数を表わし、将棋の局面の数がこの数に近いことに因んで命名された。

3 ハードウエア部は東京大学クラスターマシン:
Intel Xeon 2.80GHz, 4 cores 109台
Intel Xeon 2.40GHz, 4 cores 60台
合計 169台 676 cores

4 バックアップマシン:4プログラムそれぞれについて1台ずつ
-CPU: Xeon W3680 3.33GHz 6cores
-Memory: 24GB (DDR3 UMB ECC 4GBx6)

5 ソフトウエア部の構成:国内トップ4プログラムによる多数決合議法
これは合議マネージャーソフトが4つのプレイヤープログラムに局面を渡し、ソフトから指し手を受け取り、もっとも多い手を指し手として決定するものです。

6 開発:電気通信大学伊藤毅志研究室&保木邦仁
プレイヤー1:「激指」開発:激指開発チーム(鶴岡慶雅、横山大作)
プレイヤー2:「GPS将棋」開発:チームGPS(田中哲朗、金子知適ほか)
プレイヤー3:「Bonanza」開発:保木邦仁
プレイヤー4:「YSS」開発:山下宏


 素人判断ですが、翔年はコンピュータが勝つと予想しています。(清水さん、ごめんなさい)
 皆さんはこの試みをどう思いますか?
 どちらが勝つと思いますか?

※(ヒント)
1 オセロゲームでは人間はコンピュータソフトに絶対勝てません。
2 チェスは1997年5月、チェスの世界チャンピオン、カスパロフ氏とIBM製コンピューター「ディープブルー」が対戦し、ディープブルーが2勝1敗3引き分けで世界チャンピオンを破りました。(もう人間はコンピューターの敵ではありません)
3 将棋はコンピュータソフトが進歩を遂げ、プロの牙城にひたひたと迫っています。
4 囲碁はいまのところ、アマチュア高段者ならコンピュータソフトに勝てます。

追記(9/25)
 予想投票用紙を左のコメント欄(Recent Comments)の下に用意しました。理由をつけて投票してもらえば楽しいですね。
  
Posted by mtmt0414 at 15:27Comments(10)TrackBack(0)

September 17, 2010

菅改造内閣が発足 −前途多難!

管直人

 菅改造内閣が発足した。前回の官内閣発足に際して、翔年は6月10日のエントリーで「翔年は期待度を書く気がしない。大きな期待を持っていない。」と書いていた。予想は不幸にも的中し、総理の命名になる「騎兵隊内閣」は、大したことは何もできず、評価を下す間もなく終わってしまった。

 さて、菅総理は先の党両院議員総会で「民主党政権が今後力を合わせ、日本の20年間の閉塞状況を打ち破るスタートとすることをお願いしたい」といった。とてもじゃないが、荷が重過ぎると思う。この改造内閣も長持ちしないと思われるが、一応閣僚に期待する事項を記し、期待度を◎、〇、△、?、×で表示しておこう。
 そして、半年以上たった時点で この内閣が続いておれば、だれがどのような働きをしたかチェックすることにしたい。(新入閣が多いので「知らない」が多すぎてごめんなさい)


総理  ×
菅直人(かん・なおと) 63 衆(10)東京18
→ 「一に雇用、二に雇用、三に雇用」?と言い続けている。キャッチフレーズの中身は何?と誰も聞かない。聞いても何もないと思うから。この人、経済の考え方は社民党や共産党に近いのではないか? 周囲の情勢から見て、国会運営も、党内運営もうまくいかないと見る。

総務・地域主権推進 〇 
片山善博(かたやま・よしひろ) 59 民間
→ 元鳥取県の改革派知事に期待する。この人、郵政民営化はどう思っているのだろうか? 原口前総務相の後ろ向き政策をこのまま進めて欲しくない。英断を期待する。


法務・拉致  ?
柳田稔(やなぎだ・みのる) 55 参(3)広島
→ ほとんど知らない。ただし、代表選挙で誰に投票したか明らかにしていない。理由はどうあれ、信念が不足していると見る。そんな人物に法務大臣が務まるのだろうか?

外務  〇 
前原誠司(まえはら・せいじ) 48 衆(6)京都2
→ 「日本の主権を脅かす行為には厳しく毅然(きぜん)と対応していく」という。その言やよし。信念の人でいい。ただし、外交は決してスタンドプレーでやってはならないことを十分弁えて事に当たってほしい。(ちょっと心配)

財務 〇
野田佳彦(のだ・よしひこ) 53 衆(5)千葉4
→ 経験をシッカリつんで、財務の要になっていただきたい。

文部科学 ? 
高木義明(たかき・よしあき) 64 衆(7)長崎1
→ 全く知らない。

厚生労働 ? 
細川律夫(ほそかわ・りつお) 67 衆(7)埼玉3
→ 全く知らない。長妻前大臣は期待はずれだった。今度は大丈夫だろうか?

農林水産 ? 
鹿野道彦(かの・みちひこ) 68 衆(11)山形1
→ 農相経験はあるらしい。ただし、代表選挙で誰に投票したか明らかにしていない。この一事だけで信用できない。

経済産業 ? 
大畠章宏(おおはた・あきひろ) 62 衆(7)茨城5
→ 知らない。

国土交通、沖縄・北方 ? 
馬淵澄夫(まぶち・すみお) 50 衆(3)奈良1
→ 知らない。当選3回で入閣するほどの人材なのだろうか?

環境・防災 ?
松本龍(まつもと・りゅう) 59 衆(7)福岡1
→ 知らない。

防衛 △
北沢俊美(きたざわ・としみ) 72 参(4)長野
→ 自衛隊の中をしっかり掌握して欲しい。そして自衛隊員の士気を高めていただきたい。普天間の迷走を止められるか?

官房 △
仙谷由人(せんごく・よしと) 64 衆(6)徳島1
→ 総理の信任は厚いようだが、果たしてそれだけの働きができるのか? 官房長官には「危機管理能力」が求められる。先の尖閣諸島関連の発言にはちょっと首をかしげざるを得なかった。世界に向かって発信していることをくれぐれもお忘れなく。過去には鳩山内閣の行政刷新相(公務員制度改革)だったが、結局何もしなかった。多分、この内閣の進退が行き詰まったとき、身を挺して首相を守る姿勢は見られないだろう。 

国家公安、消費者・少子化 ?
岡崎トミ子(おかざき・とみこ) 66 参(3)宮城
→ 元アナウンサーらしいがよく知らない。国家公安のような重い仕事をまかせることができるのか?
歴代の総理は女性の政治家は「消費者」や「少子化」を担当するのがふさわしいと思っているらしい。偏見と言わざるをえない。もし、何もしなくていいポストなら、誰かに兼務させたらよろしい。

郵政改革・金融 × 
自見庄三郎(じみ・しょうざぶろう) 64 参(1)比=国
→ 郵政民営化の後戻り政策には賛成できない。

経済財政・科学技術 〇
海江田万里(かいえだ・ばんり) 61 衆(5)東京1
→ 多分、首相の経済政策とマッチングしないであろう。どのように舵をとるかよく見きわめたい。

国家戦略・「新しい公共」 ?
玄葉光一郎(げんば・こういちろう) 46 衆(6)福島3
→ 党の政調会長と兼務である。政府、党一体の要ということらしいが、菅総理のもとで、国家戦略など描けるのか? 首相になる前に国家のグランドディザインを語らなかった人のもとでは、難しかろう。

行政刷新、公務員制度改革  ×
蓮舫(れんほう) 42 参(2)東京
→ この人の責任ではないが、労組依存体質の強い民主党で実効ある行政刷新、公務員制度改革が本当にできるのだろうか? おおいに疑問を呈しておきたい。



民主党人事

幹事長 ◎
岡田克也(おかだ・かつや)57 
→ 敢えてこの難局に幹事長を引き受けたこの人の誠実さと人間力に期待する。「公平、透明な運営を目指す」と言った言葉を信じる。成否は問わない。

政調会長 ?
玄葉光一郎(げんば・こういちろう) 46
→ 国家戦略相と兼務。党と政府の要という役割を負っている人に何を期待したらいいのか分らない。本来、党と政府の要は総理であるのだから。

国対委員長 ?
鉢呂吉雄(はちろ・よしお)
→ 知らない。

  
Posted by mtmt0414 at 23:15Comments(0)TrackBack(0)

第35期名人戦第2局 −高尾挑戦者64手目を封ず

 井山裕太名人(21)に高尾紳路九段(33)が挑戦している第35期囲碁名人戦第2局は16日午前9時、四国の松山市道後湯之町の大和屋本店にてはじまった。第1局の白番を制している若い井山名人がどんな戦い方をするのか、じっくりと鑑賞したい。

先番(6目半コミダシ) 井山名人  白番 高尾挑戦者
高尾挑戦者が64手目を封じ、1日目を終えた局面。(碁盤がでるまでしばらく時間がかかることがあります)



 翔年は今回の名人戦は若い井山名人を応援しているが、手厚い棋風で、正々堂々と戦う高尾九段にも親近感を抱いている。
 63手目までの形勢は素人には全くわからない。ただ、白の高尾挑戦者は棋風どおり手厚く構えており、名人は地を確保しつつ黒の攻撃に備えているところか。

 明日の白の着手が興味深い。というのは、翔年は厚い碁が好きで、攻めるのが大好き(単に攻められるのが嫌なだけ)だけど、ややもすると地に甘くなる。今回の場面から、高尾挑戦者がどんな構想で白を攻めながら利益をあげていくのか、それを名人がどのようにかわすのか、じっくり楽しみたいと思う。

 解説の結城聡九段のコメント:「次は上辺で変化が起こるかもしれません。封じ手が今後の方向性を決める大きな鍵になりそうです。」
  
Posted by mtmt0414 at 00:08Comments(0)TrackBack(0)

September 16, 2010

中国漁船が領海侵犯、違法操業、衝突、拿捕事件を考える

 7日に発生した中国漁船の領海侵犯事件は、中国政府と中国人の過激な反応、わが国政府のの卑屈な対応、大手マスメディアや政治家のピンとはずれな報道やコメントなど、対中国との問題では何故こうもおかしな反応になるのだろう。非は中国側にあるにもかかわらず、このような対応に追われるのは、従来のわが国政府の中国対応に、反省し改めなければならない点があるのではないか?


1 まず、すべての出発点である事実を確認をしておかねばならない。
 7日午前10時15分頃、東シナ海の尖閣諸島の一つ、久場島の北北西約12Kmのわが国領海内で、哨戒中の海上保安庁の巡視船「よなくに」が、違法な操業をしていた中国漁船を発見、漁船は逃走、逃走中に急激な進路変更をしたため、「よなくに」と接触事故をおこした。船尾が接触した「よなくに」は甲板の支柱が一本破損、けが人はなかった。
 さらに中国漁船は現場近くにいた巡視船「みずき」の停船命令にも従わず逃走を続けた。午前10時50分頃、久場島の北西約15Kmの海上で急に進行方向を変えたため、追跡中の「みずき」と衝突、「みずき」は船体が約3mにわたって損傷し、支柱数本が折れた。けが人はなかった。
 ようやく、午後1時前、漁船を停止させ、「みずき」の海上保安官が漁船に乗り込んだ。

巡視船「みずき」
巡視船みずき
→ ポイントはわが国の領海を中国漁船が侵犯したこと。領海内で違法操業したこと。巡視船の停船命令に従わなかったこと。故意に進路変更をして衝突事故をおこしたことだ。これらはすべて中国漁船に非があることをシッカリ認識して、その後の報道をみると、見えないものもみえてくる。

 では漁船が巡視船2隻に追われても逃げられると判断していたのは何故か? それは今まで巡視船が領海を侵犯していた漁船を拿捕せず、追いかけて、逃げていただいていたからではないのか? わが国の領海を侵すことを許さないという毅然とした態度をこれまでとってこなかったことのツケだと考える。

 また、わが国の新聞報道では見出しは各社とも「巡視船と中国漁船の衝突事件」であるが、これは故意に一部分を隠している表現だ。事件の本質は「中国漁船のわが国領海侵犯事件」であり、「中国漁船の違法操業事件」であることが、読者に伏せて報道している。「中国漁船と巡視船の衝突事件」という見出しでは、公海上で起こったアクシデントの意味に取れる。(ように書いている)

 そんな報道の上っ面を読んでいると、物事を深く考えない蓮舫行政刷新相のような「これは領問題土だ」というバカなコメントがでてくる。日本政府の見解は、従来から尖閣諸島について「領有権の問題は存在しない」である。政治家としての自覚に欠けるのか「勉強不足」なのか知らないが、民主党議員にはこの手の発想をする議員が多いと思う。こういう政治家が政治主導で事を行えば、中国や韓国は大歓迎するだろう。
 
魚釣島  photo by wikipedia
Senkaku-uotsuri 
※1 尖閣諸島は魚釣島や久場島などの無人島からなる島嶼群で、沖縄県石垣市に属する。沖縄本島から410Km、石垣島と台湾からそれぞれ170Km離れている。
※2 領海侵犯(りょうかいしんぱん、Intrusion into territorial waters)とは、国家がその領海に対して有す権利を侵犯する行為の事である。具体的には他国の船舶が当該国の許可を得ず、領海に侵入・通過することを指す。
※3 拿捕とは国家が主体となっておこなう船舶の航行の自由を制約する行為のうち、船舶の抑留など実力行使を伴うものをいう。

 
2 もう一つの事実はもっと重要かもしれない。
 海上保安庁の鈴木久泰長官が10日、衆院国土交通委員会で明らかにしている。長官は、尖閣諸島周辺の領海内で海保が外国籍の船舶に立ち入り検査した事例が平成20年は2件、21年は6件だったが、今年はすでに21件に上ると指摘した。事件が発生した7日には尖閣諸島周辺に約160隻の漁船が集まり、うち約30隻が領海を侵犯ことが確認されている。
→ これがわが国の国防の実態なのだと思う。情けない。いわば自分の庭へ無法者の侵入を許し、彼らが庭から作物や財物を持ち帰ることを許しているような状態なのだ。こんなノンキな国は地球上にないと思う。
 これは民主党政権がどうだ、自民党政権がどうだというような問題ではない。日本国民の「国」に対する意識の問題が底辺に横たわっている。時の政府に経済的な「所得補償をしてくれ」、「子供手当てがほしい」、「雇用を何とかしてくれ」、「経済をなんとかしてくれ」というような「くれくれ要求」は何でもするが、「国の安全(国防)をシッカリしよう」というような議論は何時も避けてとおり、なんとかなると思っている。それは大事な基地問題や自衛隊の論議の時に、あまりにも現実的でない議論を政治家がするのを認め許していることに現れている。

3 防衛白書が閣議でやっと了承される。
10日午前の閣議で「日本の防衛(防衛白書)」がやっと了承された。白書には「(中国軍の)不透明性や軍事力の動向は、地域・国際社会にとっての懸念事項であり、慎重に分析する必要がある。」、「(米海兵隊の沖縄駐留の理由)米本土やハワイ・グアムに比べ、東アジアの各地域に近い」など、具体的説明が遠慮がちに盛り込まれているらしい。
→ 遅きに失したとはこのことだ。鳩山前総理がご認識されていなかったこと(抑止力)がチャンと書いてある。実はこの白書、とっくの昔に出来上がっていたのだが、中国や韓国に配慮するあまり、閣議了承を今まで遅らせていたのである。国民の命と財産を守るべき政府が「泥棒を捕まえて縄をなう」愚をやってはならない。
 そもそも領海侵犯が頻繁に起こり、相手国は意図的に圧力をかけて、領土を奪いにきているのに、その対応が国土交通大臣(海上保安庁所管)でいいのか? 

4 毅然とした態度が取れない日本政府
13日の官房長官の記者会見の発言。
「14人と船が(中国に)お帰りになれば、また違った状況が開けてくるのではないか」。仙谷長官は卑屈にこう語り、事態の沈静化に期待感を示した。
→ こういうトップの発言はますます相手国からの攻撃を誘発する。侵犯した漁船(証拠品)を早々と返すことはない。日本は叩けば叩くほど譲歩するという誤った情報を相手国に送ってはならない。官房長官の発言は「いつも冷静に」だけでは不足で、「いつも毅然として、冷静に」でなければならない。

5 中国、台湾、香港が対日本包囲網?
 東シナ海では中国、台湾、香港が協力して対日圧力をかけ始めている。同じように南シナ海ではベトナム(西紗諸島)やマレーシア(南紗諸島)が中国から圧力を受けている。
→ こういう事態に対して、東アジア情勢をどう分析し、どのように国際世論を引きつけて、どのように中国に対峙するかというような問題こそ、政治家がリーダーシップを発揮する必要がある。政治主導以外はありえない分野ではないのか? 
政治家よ、しっかりせよ!

※4 昭和43年(1968)に国連アジア極東委員会が「尖閣周辺の大陸棚に石油・天然ガスが埋蔵されている可能性がある」という報告を出すまで、中国は国定の地図で尖閣諸島を日本領に入れていた。それを突如翻し、自国領だと言い出しても、日本政府はは断固拒否しないのだから、中国はウソでもなんでも押し通すべきだと考えるようになった。尖閣諸島を手に入れれば東シナ海は全部自分のものになるのだから。
  
Posted by mtmt0414 at 17:37Comments(7)TrackBack(0)

September 13, 2010

菅も小沢も総理の資格なし −民主党は末期症状

 14日に行われる民主党の代表選挙はいよいよ大詰めをむかえ、菅陣営も小沢陣営も国会議員票の上積みに余念がない。

 しかし、この民主党代表選挙、翔年は基本的なところで違和感を抱いている。最も根本的なことは民主党の議員、党員、サポーターへの不審感である。

 その選挙制度と不審感の関係をわかりやすく箇条書きにする。

管直人

1 民主党の現代表は菅直人であり、衆議院の多数党の民主党は政権を担っている。故に総理大臣は菅直人である。国民も今のところこの菅政権を支持している。

2 一般に総理大臣に「辞めろ」といえるのは、衆議院で内閣不信任案が可決された時である。

3 もう一つは政権遂行に行き詰まり、総理自らが決断して内閣総辞職した時である。

4 ところが、民主党の代表選挙に立候補するということは、代表選挙に勝てば総理大臣になることに直結している。ならば、菅直人の対抗馬として立候補するということは、菅総理への不信任を表明していることと同義である。小沢を支持する議員、党員、サポーターの投票権は衆議院の内閣不信任案を提出するのと同じ重みを持つということだ。(彼らは自民党から内閣不信任案が出されたら、賛成するの?)

5 さらに、民主党の代表選挙の投票権は国会議員、党員、サポーターにある。サポーターの中には日本国の国籍を持たない人物(韓国籍、北朝鮮国籍など)も存在する。国民は直接の投票権を持たないのに、外国籍の人物でも投票権が持てるのだ。野党ならまだしも、衆議院の多数党は党代表選挙は総理大臣に直結する選挙である。こういう制度を未だに温存している民主党は狂っているとしか思えない。(国民に説明できないと思う)

6 以上指摘したように、今回の代表選挙は大枠において矛盾がある。それは民主党が政権党の名に値しない行動をしているところから来ている。

 更に菅と小沢の二候補も総理としての資質に疑問を感ずる。

1 二人とも、外交を権力争いの道具としているが、これは許されることではない
 詳しく述べるスペースはないが、沖縄の普天間基地移設問題一つをとっても、小沢は幹事長であった時に米国と合意したこと自体をも否定し見直すとしゃぁしゃぁと発言している。同盟国の米国から見たら、民主党政権との約束であり、それをこんなに軽く扱われては、本当に同盟国なのかという不審がつのるのは当たり前であろう。政権党内で外交を争点にすることは国益を損ずるということに民主党は気がつくべきだ。

2 民主党は国のあり方(基本政策)についてキチンと党内議論をせず、実現不可能なバラマキ政策で票を獲得してきた。そのときの幹事長が小沢、副総理が菅であったことを忘れてはならない。

3 対中国政策、中国外交はこれまでの言行をみるかぎり、二人とも弱腰である。今起こっている尖閣問題について、菅首相は何もコメントしない。恐くて発言できないのではないか? 
 尖閣諸島付近の領有権主張に関し、政府が毅然した態度をとれなければ、丹羽宇一郎駐中国大使(商人大使)に、凛とした大使であって欲しいと国民が望んでも、無理というものだろう。同盟国の米国を軽視したつけが、国土と国民の財産(友愛の海?の地下資源)を失わせる瀬戸際まで来させてしまった。次の政権は、外交の失敗にまた失敗を重ねる恐れあり。

4 抜本税制の党内議論ぬきで、菅総理は消費税論議を始めた。これだけで総理大臣失格であろう。

小沢一郎
5 小沢の金権体質は隠しても隠しきれるものではない。疑われている事件の複雑怪奇なお金の出し入れは何だ。翔年はその説明を求めようとも思わない。金の流れが不自然すぎることが、その意図するところを表している。翔年は法的に起訴できる、できない以前の問題だと認識している。

6 検察から不起訴になったからと言って、身の潔白をいいつのるのは如何なものか。
 法律を犯さないことは基本ですが、犯さなければ何をしてもいいとはなりますまい。
 大抵の市民は他人に迷惑をかけないことを基本として生きているが、迷惑さえかけなければ何をしてもいいと考える人とは、あまりおつき合いをしたいとは思わないのではないか。

 一国のリーダーとは国民の大半から支持されているだけでは不十分で、「畏敬」でも「敬愛」でもいいが、とにかく尊敬されていなければならない


 これだけの矛盾と不適格なことを含んで、明日民主党代表選挙は行われる。菅、小沢どちらが勝つにせよ、民主党は割れる。基本政策が異なるのだから、割れざるをえない。
 またしても、短命内閣の誕生となる。ああっ。

 しかし悲観ばかりではいけない。内閣総辞職が先か、民主党瓦解が先か、政党再編成がどのような様相を呈するのか、どれもこれも予測はむずかしい。
 けれどもそこに次の世代のための新しい日本を創るためにまい進する政党が誕生することを期待しつつ見守っていきたい。
 若い政治家よ、勇気をもって出でよ!



  
Posted by mtmt0414 at 12:38Comments(2)TrackBack(0)

September 09, 2010

日本の国際競争力の評価は? −6位それとも27位?

 日経新聞によると、9日に世界経済フォーラムが発表した「2010年版世界競争力報告」で日本は6位となっています。翔年はあれっと思いました。ちょっと評価が高すぎるのではないかと…。その根拠は後で示します。

 
まず、リストを見てください。世界経済フォーラムがまとめた競争力ランキングはこうなっています。

(カッコ内は前年順位)
1(1) スイス
2(4) スウェーデン → 政府、民間部門とも高評価でアップした。
3(3) シンガポール
4(2) 米 国 → 金融・経済危機に足をひっぱられてダウンした。
5(7) ドイツ
6(8) 日 本 → 日本はビジネス関連が突出して優れていると評価された。
7(6) フィンランド
8(10) オランダ
9(5) デンマーク → 金融機関の評価が悪化した。
10(9) カナダ
………………
22(19) 韓 国
27(29) 中 国
51(49) インド
58(56) ブラジル
63(63) ロシア
83(71) ギリシャ → 金融危機の発端になった国は昨年から大幅にダウンした。 


 この表だけをみると先進国が上位を独占しており、「こんなものかなぁ」という意見もあると思う。
 しかし、もうすこし立ち入って項目を詳しく見ると、わが国の評価は果たして6位でいいのだろうか? と言う疑問が湧いてきます。

 この調査の対象となった国は139カ国でした。政府の債務残高という項目評価では、わが国は137位でした。それも2カ国は算出不能な国だったので、算出可能な国・地域の中では最下位なのでした。関連する政府部門の項目でも、わが国は「財政収支」が134位、「政府支出の効率性」は91位など、先進国の中で、堂々の超低空飛行です。


 もう一つの評価をご覧下さい。これはスイスの有力ビジネススクールのIMD(経営開発国際研究所)による「2010年世界競争力年鑑」のランキングです。

IMDによる2010年の競争力順位
(カッコ内は前年順位)
1(3) シンガポール
2(2) 香 港
3(1) 米 国
4(4) スイス
5(7) オーストラリア
6(6) スウェーデン
7(8) カナダ
8(23) 台 湾
9(11) ノルウェー
10(18) マレーシア
………………
12(10) オランダ
13(5) デンマーク
16(13) ドイツ
18(20) 中 国
23(27) 韓 国
27(17) 日 本

 翔年はこの表の評価の方がより実態に近いのではないかという印象をもちます。実態に近いという表現が言いすぎとしても、長期的な視点で見るかぎり、このような競争力評価でいいのではないかと思います。

 日経の伝えるところによると、「スイスの『経営開発国際研究所』はインフラや経済実績など客観性の高い統計を中心に指標を作成するため、対象はこうした指標が手に入る58カ国・地域にとどまる」としているが、翔年は逆に、これこそが正しいデータの使い方ではないかと思う。なぜなら、データによるランキングは現状を正しく捉えていることが一番大事だが、それは先行きを指し示す指標でもあるべきだと信じるからです。

 わが国の政治家はこのような数字をみて、何も考えないほど目先のことしか考えていないのだろうか? 

 国民はわが国の財政について、先行きどうなっていくのか、政治家に国家運営の覚悟を求めると共に、明確な指標を要求するべきであろう。
  
Posted by mtmt0414 at 14:44Comments(2)TrackBack(1)