December 30, 2004

中国の歴史教育の実体

 中国は「正しい歴史認識」という都合のよい言葉で、小泉首相の靖国神社参拝を執拗に高圧的な態度で(ヤクザの脅しとよく似ている)止めるように要求している。しからば、中国は国民にどのような「正しい歴史」を教育しているのか? 残念ながら日本の新聞は何も伝えてくれない。(意図的? その心は?)

 幸い、ニューヨークタイムスのハワード・フレンチ上海支局長が恐るべき実体を次のように伝えてくれている。

記事のタイトルは「中国の教科書は歴史を歪曲し、省略している」となっています。
彼は上海地区の高校で歴史がどのように教えられいるか、高校の教員や上海師範大学、復旦大学の歴史や教育の学者の話を聞き、実際の教科書多数の内容を調査した末に伝えているものです。

 フレンチ記者は中国の高校の歴史教科書(複数)は近代の歴史について中国の教育専門家自身がきわめて選別的だと認める大幅にゆがめられた見解を提供する歴史の細部の「ごたまぜ」であると言っている。
 その実例として、中国が戦争をしたのはすべて自衛のためであり、他国を攻撃や侵略、或は征服したことはないと教えるだけで、毛沢東の例の「大躍進」で三千万人もが餓死したことはどの教科書にも書いてない。(書いてないことは教えてはいけない)勿論、チベットやウイグル等で何があったかもありません。中国の学者たちに依れば、歴史教育では共産党指導部から難しいとされたテーマはとにかく核心を避けて、微妙な部分を伏せて編上げて教えることを強いられているそうだ。
 その結果、生徒たちは世界における自国の位置について混乱したままの状態に置かれているという。

 下の英文要約記事にはありませんが、本文記事の中で
(1)第二次世界大戦で日本が破れたのはアメリカによってではなく、中国共産党による軍事闘争のためだとし、
(2)朝鮮戦争の始りは北朝鮮が韓国へ侵攻したのではなく、逆に韓国がアメリカの支援を得て戦争を仕掛けたとしているとあります。


 翔年は悪い冗談かと思う上に書いてある中国の歴史教育の実体は、我国の戦前の軍国主義教育とあまりにもよく似ている。 そのような我国の戦前の政治体制を否定しているのが中国政府ではないのか?

 要するに中国共産党は歴史を自分の都合に合わせて、政治的道具と利用しているだけだ。この結果の恐ろしいことは、このような教育を受けた中国人が高揚するナショナリズムを発揮する時だ。近い将来これは核兵器より恐ろしい結果を招来するかも知れません。

 最近、マスコミだけでなく、経済人やエコノミストの中にも、中国政府のお先棒を担ぐ人が増えてきたように感じるので、警鐘を鳴らしたいと思います。
 これは中国脅威論ではありません。まともな歴史教育を論じたつもりです。反論のある方はそのつもりでお願いします。


ご参考までにニューヨークタイムスの要約記事(コピー)を掲げておきます。
From NY Times
China's Textbooks Twist and Omit History

By HOWARD W. FRENCH (NYT) 1172 words
Late Edition - Final , Section A , Page 10 , Column 1

ABSTRACT - Several of most widely used history textbooks in China's high school classrooms reveal mishmash of historical details that many Chinese educational experts themselves say are highly selective and often provide deeply distorted view of recent past; most Chinese students finish high school convinced that their country has fought wars only in self-defense, never aggressively or in conquest, and they learn nothing of 30 million who died from famine following Mao Zedong's Great Leap Forward in 1950's; many academics say way history is taught in China forces even best teachers to bob and weave around anything deemed delicate by country's leaders and leaves students confused about their own country's place in world; photo (M)

※写真は勝手に利用できません。スミマセン。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mtmt0414/11530041
この記事へのトラックバック
<p> <a href="http://news.online.sh.cn/news/gb/content/2004-11/25/content_1031613.htm">〓航老〓解〓包〓〓机六大疑〓(〓)</a>(東方航空が包頭墜落事故について釈明)というのは、「会議があるから早く飛ばせ
歴史を反省しない日本に親近感なし【うねり】at February 14, 2005 21:33
今年は4年に一度の教科書採択の年ということで、歴史教科書問題についての議論があちこちで繰り広げられていますね。史学科卒の私にとっても非常に興味深い問題です。 最初の講義で習った歴史研究の三カ条は今でも忘れていません。 1.教科書が正しいとは限らないので
歪められる歴史教科書。そして日教組の影。【マリンブルーの風】at February 18, 2005 23:50
中国国定歴史教科書の最初、第1課の1ページ目を開きます。 すると、本文は、次のような文章で始まっています。 「私たちはみんな社会主義の祖国に貢献したいというすばらしい願いを持っている。どうすればこの願いを実現できるのか。第一に、自覚して良い思想と品位を.
教科書は、国家を統制する究極のメディアだ (国定教科書はキケン!)【俺の職場は大学キャンパス】at July 18, 2005 10:49
■最近、ネットで見つけた言葉。  Adolf Hitler did say, ”give me control of the textbooks and then I will control the nation.” (私に教科書が支配できたなら、次に、私は国家を支配するだろう) 内政にヤバイ事情がある国ほど自国の歴史を正当化するって
中韓の歴史教科書をネットで購入【俺の職場は大学キャンパス】at July 18, 2005 11:49
この記事へのコメント
中国の歪曲歴史教育
大変、参考になり深謝します。

ところで、「大躍進」で三千人もの死者とありますが、
30 millionですから、三千万人の過ちですね。
1万分の1に卑下することありません。

たかが三千人!、と中国に笑われると癪です。
Posted by 橋本 at January 09, 2005 18:16
橋本 様

読んでいただきありがとうございます。
ネットの世界をみていますと、我国の新聞とTVは大分問題があるように
感じます。
誤訳のご指摘、ありがとうございました。
「万」の悪いことに、小生の英語力がばれてしまいました。
Posted by ユリウス at January 09, 2005 22:54
最近中国で歴史教育にかんして共産党批判した論文を掲載した
新聞が発刊停止されたそうです。
こおゆう動きも含めて更新された記事を望みます。
Posted by 浪速の市民 at February 03, 2006 15:13
浪速の市民 さま

>こおゆう動きも含めて更新された記事を望みます。
そういう動きがあったことは存じています。
ですが、折角のご要望はありますが、ご期待に応えることはできません。
それは小生が中国情報ウオッチャーではなくて、市民の立場から、いろんなことに、もの申したくて、このBlogを書いているからです。(書きたいことが他にもいっぱいあるのです)
本エントリーでは、我国のマスコミが偏向した中国情報を流しているのを批判しながら、 別のソースから真実でありそうな情報を提供しました。マスコミの報道を鵜呑みにしたくないと思ったからです。
このような問題意識は持ち続けていますので、折々、中国問題に触れることになるでしょう。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by ユリウス at February 03, 2006 16:14